6月15日「Pランク&コロガシ」2024年(陽太)

「勝ち逃げ」全レース、「コロガシ」は対象レースが2歳戦・3歳戦未勝利戦・古馬戦3勝クラス以上だけでハンデ戦は対象外です。

今週はデータの入れ替え作業をしておりますので、「Pランク」の提供が遅れる可能性が大きいですが、最低でも10Rくらいまでには提示したいと努力してます。(申し訳ないです!)

2歳戦➡「◇印⇒新馬戦・☆印⇒1勝クラス」・3歳戦➡「*印⇒未勝利戦・★印⇒オープン戦」

古馬戦➡「〇印⇒1勝&2勝クラス・●印⇒3勝クラス以上」・障害戦➡「△印⇒障害戦・▲印⇒障害オープン戦」

Pランク1位-2位-3位-4位-5位-6位/占有率/ランク順/馬番着順/馬連/馬単/3連複/3連単

3東京5日(6152歳5-4-2/3歳1496/古馬332

01R04-12-10-01-02-06AA3-1-6/10-4-6/740/1,550/3,020/16,600w

02R05-09-07-11-14-06CB3-1-0/7-5-0/970/2,450/—-/—-*

03R01-04-09-12-14-07CB1-2-0/1-4-0/580/1,020/—-/—-w

*04R16-04-02-10-11-15AA0-2-1/0-4-16

05R02-08-07-05-03-04AA6-0-1/4-0-2

06R04-02-12-11-15-10CB2-3-0/2-12-0/910/4,140/—-/—-

07R14-01-06-09-03-16CC2-1-5/1-14-3/1,420/2,740/2,910/13,250(2i)

08R09-06-04-05-07-02BA2-3-1/6-4-9/730/1,070/340/2,780

09R07-05-03-04-09-08BA2-1-3/5-7-3/280/510/490/1,730

10R08-10-16-11-01-02AA1-3-2/8-16-10/1,170/1,580/760/3,980

  • 11R09-12-11-05-06-02BB5-4-1/6-5-9/2,990/6,240/2,920/30,230多摩川S

〇12R13-04-07-01-12-06AA1-3-0/13-7-0/440/580/—-/—-

 

4京都5日(615

01R09-05-03-07-10-13AA6-1-0/13-9-0/1,780/5,480/—-/—-

*02R08-02-15-06-04-05BB2-0-5/2-0-4w

*03R07-16-13-04-09-02AA2-5-1/16-9-7/6,320/9,600/1,760/17,260(2i)

04R01-12-11-14-13-18AA1-4-5/1-14-13/870/1,320/2,360/7,330

05R07-08-01-03-06-09BB2-1-0/8-7-0/450/1,050/—-/—-

*06R13-03-16-11-05-08BA1-4-2/13-11-3/1,090/1,520/1,910/7,390

07R08-03-06-02-01-04AA2-1-3/3-8-6/290/650/370/2,280w

08R14-04-11-01-03-08AA1-6-0/14-8-0/920/1,410/—-/—-

09R06-03-02-10-11-13CB4-1-2/10-6-3/1,610/5,390/1,330/16,260

  • 10R04-13-01-09-07-02CB2-1-4/13-4-9/790/1,560/1,410/6,220「保津峡S」
  • 11R09-11-14-06-02-03CC5-3-0/2-14-0/3,890/—-/—-L米子S

〇12R04-06-11-03-09-08BA1-0-6/4-0-8

 

1函館3日(615

01R08-16-15-07-03-09CC2-0-4/16-0-7*

*02R09-02-01-07-14-13AA0-1-0/0-9-4

*03R12-11-01-09-08-07CB1-0-3/11-0-1w

04R11-01-14-16-08-15CB3-4-0/14-16-0/2,110/3,980/—-/—-

05R07-02-03-04-05-01BB2-3-1/2-3-7/420/730/350/1,770

06R07-05-08-03-01-06BB1-5-3/7-1-8/1,130/1,770/740/4,770

07R03-06-07-08-10-04DB1-2-6/3-6-4/460/660/2,190/6,700w

08R12-09-06-03-01-05BC3-2-1/6-9-12/580/1,230/500/3,890

09R03-06-08-04-01-02AA2-1-4/6-3-4/280/740/640/3,470

10R02-08-05-06-01-04DC1-3-4/2-5-6/650/1,210/1,410/4,490

11R04-08-12-07-02-03CC2-4-5/8-7-2/2,540/4,130/2,710/16,540(2iB)

12R12-14-09-06-13-10DC3-2-1/9-14-12/1,280/2,680/3,670/17,260

 

優秀な3兄弟種牡馬の母は「シーザリオ」!(SHUN)

「シーザリオ」をという2005年の日米「オークス」を、みなさんも知っていると思いますが、米国のG1レース「アメリカンオークス」を初めて勝ったので有名になった馬です。

父はサンデーサイレンス系種牡馬の「スペシャルウィーク」、母はサドラーズウェルズ系種牡馬の「キロフプルミエール」との間に2002年に生まれたのが「シーザリオ」です。

 

 

彼女は6戦5勝2着1回という戦績で引退し、2006年から繁殖牝馬として12頭の産駒を残しました、2010年生まれ「エピファネイア」(父シンボリクリスエス)G1で2勝、2013年生まれ「リオンディーズ」(父キングカメハメハ)G1で1勝、2016年生まれ「サートゥルナーリア」(父ロードカナロア)G1で2勝の3頭が種牡馬として活躍中です。

 

特に「エピファネイア」産駒は「デアリングタクト」・「エフフォーリア」・「サークルオブライフ」・「ステレンボッシュ」・「テンハッピーローズ」・「ダノンデサイル」と6頭ものG1ウィナーを輩出していますし、「リオンディーズ」も「テーオーロイヤル」がG1ウィナーとなっているのです。

兄弟馬がこれだけ活躍してくれたら最高ですし、日本競馬にとってもうれしい事です。

今日も早く終わる!「勝ち逃げ・日曜版」6月9日(慎太郎)

 日曜版はいつも通り日曜日に東京は2位B、京都は2位Bでスタートです。

 

◎東京

Pランク1位-2位-3位-4位-5位-6位/占有率/馬番着順/3連複/3連単

04R09-08-14-05-10-11CB5-2-4/10-8-5/7,840/53,990(2位B)

3連複04R7,840円(10点的中)配当172,480

3連単04R53,990(60点的中)配当161,970

  

◎京都

*03R12-16-05-15-04-09AA2-5-6/16-5-9/6,640/27,490*(2位B)

3連複03R6,640円(10点的中)配当159,360

3連単03R27,490円(56点的中)配当164,940

 

注意事項⇒「勝ち逃げ」は配当での表示に切替わりますが、計算方法はいつもと同じです。配当-累計購入金額=収支となります。

 

*思い出のダービー馬2003年

 

 

7番「エースインザレース」の逃げで始まった第70回ダービーは先行グループにいた3番「ゼンノロブロイ」と、18番「ザッツザプレンティ」の2頭が抜け出そうとしてるところを、内から後方にいた13番「ネオユニヴァース」が3コーナーから徐々に進出インコースから抜け出して二冠達成、M.デムーロ騎手の素晴らしい絶頂期の優勝でした。

ランチ前に終了!「番外編勝ち逃げ」!6月8日(新)

 番外編は日曜日に東京は2位1抜、京都は1位2抜でスタートしました。

◎東京

Pランク1位-2位-3位-4位-5位-6位/占有率/馬番着順/3連複/3連単

05R01-08-02-05-07-04AA2-3-4/8-2-5/2,940/9,120(2位1抜)

3連複05R2,940円(6点的中)配当420,420

3連単05R9,120円(36点的中)配当428,640

 

◎京都

*02R11-04-08-12-13-15DC6-2-4/15-4-12/9,450/82,530*(2位1抜)

3連複02R9,450円(6点的中)配当75,600

3連単02R82,530円(36点的中)配当82,530

 

注意事項⇒「勝ち逃げ」は配当での表示に切替わりますが、計算方法はいつもと同じです。配当-累計購入金額=収支となります。

 

*思い出のダービー馬2002年

 

 

13番「サンヴァレー」の逃げで始まった2002年のダービーは、人気の「タニノギムレット」が武豊騎手を背に後方から追い上げて勝ちましたが、2着「シンボリクリスエス」岡部騎手、3着「マチカネアカツキ」K.デサーモ騎手、4着「メガスターダム」松永騎手、5着「ゴールドアリュール」上村騎手と、馬も騎手も最高のメンバーで0秒3の中に納まったレースで、素晴らしい優秀な馬たちのダービーとなりました。

 

「タニノギムレット」は「ウォッカ」の、「シンボリクリスエス」は「エピファネイア」の、「ゴールドアリュール」は「エスポワール」や「スマートファルコン」の父となりました。

「コロガシ対象レースの成績」(吾郎)

今年も2歳戦がスタートし2週目が終わりましたが、もう既に来年のクラシックに向けての戦いが始まりました。

 

2024年◎6月9日までの総合成績

◇2歳11戦2着まで8勝(72.7%)・3着まで7勝(63.6%)

★3歳761戦2着まで573勝(73.1%)・3着まで419勝(55.1%)

☆古馬116戦2着まで82勝(70.7%)・3着まで59勝(50.9%)

 

3東京3日(682歳3-2-2/3歳14129/古馬111

3回東京4日(6月9日)2歳3-2-2/3歳14-13-11/古馬3-1-1

 

さてさて今週からは2歳新馬戦がスタートしますので、成績も2歳戦、3歳戦、古馬戦の3種類になります。

今年の半期も無事に終了することを願っているのですが、今後はどうなるか3歳馬次第です。

 

 

★思い出の凱旋門賞2012年(日本馬は6番「オルフェーヴル」・7番「アヴェンティーノ」の2頭)

 

 

首差で負けた6番「オルフェーヴル」ですが内ラチにぶつからなければ勝っていたかもと言われた「凱旋門賞」、勝ったのは10番「ソレミア」牝4歳(父Poliglote)で、3着は「マスターストローク」牡3歳(父Monsun)でした。

勝った「ソレミア」はその後「ジャパンC」に参戦、「ジェンティルドンナ」の13着(2着は「オルフェーヴル」)と大敗していますが、「凱旋門賞」は重馬場で2:37:6、「ジャパンC」は良馬場で2:24:7と先行4番手でしたが、直線で全く伸びませんでしたので、馬場が大きく影響したのだと思いました。

 

この時計差からも馬場差の違いが分かると思いますが、パリロンシャン競馬場のこの時期の馬場は雨のせいでとても柔らかく力がいる馬場なのです。