JUGEMテーマ:競馬

 現在の「勝ち逃げ法」は基本的なベースになるのは、各レース選ばれた6頭から構成される「Pランク」が第一ベースとなっており、「購入法」のベースは5Rから12Rまでの8レース対象の「中本式」と、1Rから最終12Rまでの全レース対象の「ココモ式」の2つの購入法が第二ベースになってできております。

2月12日に発表された、今年から組み込まれた軸馬選定と購入システムが第三ベースとなっています。

★「中本式」 

◎馬単⇒対象レースは5Rから12Rまでです。
1位軸⇒オッズ12倍未満の組合わせカットの最高10点
2位軸⇒オッズ12倍未満の組合わせカットの最高10点
2頭軸⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高18点
5頭BOX①⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高20点
5頭BOX②⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高20点

◎3連複⇒対象レースは5Rから12Rまでです。
1位軸⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点
2位軸⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点
5頭BOX①⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点
5頭BOX②⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点

◎3連単⇒対象レースは5Rから12Rまでです。
1位軸⇒オッズ100倍未満の組合わせカットの最高60点
2位軸⇒オッズ100倍未満の組合わせカットの最高60点
5頭BOX①⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高60点
5頭BOX②⇒オッズ100倍未満の組合わせカットの最高60点

★「ココモ式」
◎馬単⇒対象レースは1Rから12Rまでです。
1位軸⇒オッズ12倍未満の組合わせカットの最高10点
2位軸⇒オッズ12倍未満の組合わせカットの最高10点
2頭軸⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高18点
軸固定⇒オッズ8倍未満の組合わせカットの最高5点
5頭BOX①⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高20点
5頭BOX②⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高20点

◎3連複⇒対象レースは1Rから12Rまでです。
1位軸⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点
2位軸⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点
5頭BOX①⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点
5頭BOX②⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点

◎3連単⇒対象レースは1Rから12Rまでです。
1位軸⇒オッズ100倍未満の組合わせカットの最高60点
2位軸⇒オッズ100倍未満の組合わせカットの最高60点
5頭BOX①⇒オッズ100倍未満の組合わせカットの最高60点
5頭BOX②⇒オッズ100倍未満の組合わせカットの最高60点

この様のこれだけでも27通りの購入システムがあるのですが、実際には「枠連」・「馬連」・「単勝」等も数種類づつのシステムが用意されていますので、トータルでは100種類以上ものシステム(現時点で120種類前後)があります。

「枠連」や「馬連」は今でも購入を続けているOBもいますし、実際に私も「馬連」は購入していますが、安定感抜群でプラスは少なくても、1年間ですとそれなりに満足のいく数字になるものです。
しかも、購入点数が少ないので大量買いでカバーできるので、競馬場などへ出向くときは「馬連」の方が買いやすいのです。

最近は「1週間単位の勝ち逃げ」や「開催単位での勝ち逃げ」も研究されていますが、基本的には「勝ち逃げ」のシステムはたったの6頭の組み合わせでもあっても、おそらくは1,000種類以上の購入システムがあるのではないかと思うのです。

 私も室長の「創」さんもOB会のメンバーですし、研究室の研究員も「競馬塾」の塾生さんもみんな一生懸命に研究を重ねていますし、最低金額での実験購入もしていますので、土日はまるで戦場のように緊張感があります。

こんな夜中に起きていることが多いのは、子供に時間を合わせてしまうので夜9時から10時には寝てしまい、朝起きるのが3時とか4時になってしまいますが、静かな中で記事を欠いたり、競馬のビデオ確認、勝ち逃げの研究など大好きな時間でもあります。

この様にみんなそれぞれ研究は続ていますので、これからも新しいシステムが生まれることが多く、それらが実際の購入に反映されて今のシステムになっています。
毎年少しづつ変更が加えられていきますので、みなさんも楽しみにして下さい。