まあまあ頑張ったよ!「勝ち逃げ・土曜版」7月6日(蒼介)

 「勝ち逃げ」土曜日分はいつも通り、土曜日に福島と小倉も2位BOXでスタートです。

★1チーム5人で9チームが稼働中です。

◎福島

ランク1位-2位-3位-4位-5位-6位占有率/馬番着順/3連複/3連単

04R14-03-01-15-02-07DB3-6-5/1-7-2/22,360/102,080*(2位B)

☆3連複04R22,360円(10点的中)配当223,600

★3連単04R102,080円(60点的中)配当204,160

  

◎小倉

07R10-12-07-03-01-08CC2-6-4/12-8-3/15,710/57,760*(2位B)

☆3連複07R15,710円(10点的中)配当1,869,490

★3連単07R57,760円(60点的中)配当1,732,800

 

注意事項⇒「勝ち逃げ」は配当での表示に切替わりますが、計算方法はいつもと同じです。配当-累計購入金額=収支となります。

 

●思い出のダービー2015年「ドゥラメンテ」

 

 

1着:14番「ドゥラメンテ」牡3(父キングカメハメハ)皐月賞・ダービー

2着:01番「サトノラーゼン」牡3(父ディープインパクト)

3着:11番「サトノクラウン」牡3(父Marju)香港ヴァーズ・宝塚記念

14着:17番「キタサンブラック」牡3(父ブラックタイド)菊花賞・天皇賞春2回・大阪杯・ジャパンC・天皇賞秋・有馬記念

 

「ドゥラメンテ」と同世代の「キタサンブラック」の活躍は本当にすごいものでしたが、「ドゥラメンテ」は血統的にも母「アドマイヤグルーヴ」ですから、もう少し長生きして欲しかった種牡馬です。

代わりに「キタサンブラック」が頑張ってくれてる世代です。

仏G1「ジャンプラ賞」の結果!(KEN)

7月7日の深夜に行われた「ジャンプラ賞」、夏のドーヴィルの短距離路線とマイル戦は注目です。

 

●G1「ジャンプラ賞」1,400m/ドーヴィル競馬場/稍重:1番人気「キックリ」は6着になって、勝ったのはブービー人気の「プシュキン」でした。

 

 

1着:03番「プシュキン」牡3(父Starspangledbanner)G1初優勝

2着:07番「ハヴァナシガー」牡3

3着:01番「ボーバティエ」牡3

 

ブービー人気にしては強い勝ち方でしたので、ちょっと驚いています。

今後の注目は13日の「パリ大賞」パリロンシャン競馬場、27日の「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」アスコット競馬場、「ダルマイヤー大賞」ミュンヘン競馬場と「凱旋門賞」につながるレースです。

G1「ベルモントダービー」&「ベルモントオークス」(KEN)

7月7日の早朝にG1「ベルモントダービー」&「ベルモントオークス」が行われました。

 

●G1「ベルモントダービー」1,900m/アケダクト競馬場/良:5頭立てと寂しいメンバーでしたが、1番人気の「レジェンドオブタイム」は3着、2番人気の「エンドレスリー」はしんがり負けでした。

 

 

1着:04番「トリカリ」牡3(父Oscar Performance)

2着:02番「ホワイトパルミノ」牡3

3着:01番「レジェンドオブタイム」牡3

 

 

●G1「ベルモントオークス」1,900m/アケダクト競馬場/良:こちらのレースも1番人気の「シーフィールズプリティー」が3着に敗れてしまいました。

 

 

1着:08番「シンデレラズドリーム」牝3(父Shamardai)

2着:06番「セジェスタ」牝3

3着:07番「シーフィールズプリティー」牝3

 

1番人気が簡単に勝てないのが今年の傾向ですが、日本は夏のローカル競馬で結構難しい競馬が多いです。

英G1「エクリプスS」の結果!強すぎたトロイ(Ken)

日本時間土曜日深夜に行われた「エクリプスS」は、英ダービー馬の「シティオブトロイ」が3個目のG1勝ちでした。

●G1「エクリプスS」1,990m/サンダウン競馬場/重:重馬場での不安も、外枠発送も吹っ飛ばして勝ちました。

 

 

1着:04番「シティオブトロイ」牡3(父Justify)

2着:01番「アルリファー」牡4(父Wootton Bassett)

3着:06番「ゴーストライター」牡3(父Invincible Spirit)

 

悪条件を克服しての勝利ですから、強いという印象しか残りませんでしたし走り方がバランスの良い馬です。

これからも期待したい馬ですし、Justifyの代表産駒の1頭であることは間違いないです。

各国「ダービー馬」と「オークス馬」について!Ⅱ(KEN)

 今年も5月4日「ケンタッキーオークス」、5月5日「ケンタッキーダービー」から、各国の「オークス」と「ダービー」がゲートインしましたので取り上げたいと思います。

 

☆5月04日米「ケンタッキーオークス」D1,800m/不良:「ソーピードアンナ」(父Fast Anna)1:50:83(5戦4勝2着1回)

★5月05日米「ケンタッキーダービー」D2,000m/良:「ミスティックダン」(父Goldencents)2:03:34

☆5月19日日「オークス」T2,400m/良:「チェルヴィニア」(父ハービンジャー)2:24:00

★5月26日日「ダービー」T2,400m/良:「ダノンデサイル」(父エピファネイア)2:24:30

☆6月01日英「オークス」T2,410m/稍重:「エゼリヤ」(父Dubawi)2:42:06

★6月02日英「ダービー」T2,410m/稍重:「シティーオブトロイ」(父Justify)2:38:32

★6月02日仏「ダービー」T2,100m/重:「ルックドヴェガ」(父Lope De Vega)2:09:81(4戦4勝)

☆6月16日仏「オークス」T2,100m/稍重:「スパークリングプレンティ」(父Kingman)2:07:64

★6月30日愛「ダービー」T2,400m/良:「ロスアンジェルス」(父Camelot)2:28:15

☆7月20日愛「オークス」T2,400m/:

 

★衝撃のカラ馬16番「ヴォイッジ」の優勝???( ´艸`)

 

 

★「ルックドヴェガ」単勝5.6倍の1番人気でも強かったで~す!

 

★「ロスアンジェルス」は強いですね?

 

欧州「三大ダービー」が終わりましたが、これからが楽しみです。

愛「アイリッシュ・ダービー」の結果です!(KEN)

「アイリッシュダービー」の結果です。

 

●愛「アイリッシュダービー」T2,400m/カラ競馬場/:8頭立てと少ないレースでしたが、素晴らしいレースで、R.ムーア騎手の「ロスアンジェルス」が優勝しました。

 

 

1着:5番「ロスアンジェルス」牡3(父Camelot)G1レース2勝目、英ダービー3着からの巻き返し!

2着:7番「サンウェイ」牡3(父Galiway)

3着:1番「アンビエンテフレンドリー」牡3(父Gleneagles)英ダービー2着

 

「英ダービー」馬の「シティオブトロイ」(父Justify)は7月6日の「エクリプスステークス」に向かうことになって、少し残念な気もしますが、愛「ダービー」もとてもいいレースでした。