JUGEMテーマ:競馬

 勝てる競馬を目指してもう50年も経過してもこれといった決まりのない競馬ですが、強い馬の証としては時計くらいしかないのが現状ですし、強い馬に乗れればそれだけ勝ち数も増えていくのがこの競馬の世界です。

通常は馬が最も状態が良くなるのは4歳の秋ですが、普通は2歳秋から3歳秋までは能力差で順番が決まっておりますので、ランクを付けるのは非常に簡単なのです。

 

あれだけ強かった「アーモンドアイ」が、4歳時の「安田記念」1600mで「インディチャンプ」と「アエロリット」に負けていますが、タイム差なしのクビ・ハナの微差でしたが、5歳時は4歳馬「グランアレグリア」に0秒4もの差を付けられ負けてしまいました。

この様に馬の能力は4歳時秋をピークを迎え、その後は維持されるか徐々に低下するのが普通です。

ただ個人差があって遅咲きの馬も時々いますので、例外的な馬もいますがそれでも5歳春から秋にかけてピークを迎えるものです。

 

これから本格的に「桜花賞」と「皐月賞」に向けてトライアルレースが始まりますが、3歳戦は徐々に難しくはなってきますので、「3コロガシ」もレース選びが大変になります。

しかし、それは昨年度の成績もすべて載せてありますので、自分で確認しながら勉強できる筈ですが、なぜかそれを諦めてしまう人が多すぎます。

 

2月27日のレースで軸を決めるとすれば「占有率A&B」にレースを限定するのと「占有率C&D」を分けてみます。

 

中山1日(2月27日)

レース・ランク1位・3位・4位・5位・6位・占有率・ランク順・馬番着順・馬連・馬単・3連複・3連単

01R15・09・12・02・06・04A1-0-5/15-0-6

02R02・15・09・13・11・03A2-1-6/15-2-3/340/920/1,210/6,200

03R13・11・16・05・03・06A2-3-1/11-16-13/1,100/1,770/360/3,070

04R11・13・03・05・02・01B2-0-3/13-0-3

07R06・10・02・08・04・09A2-1-3/10-6-2/240/620/370/1,750

09R05・10・04・09・06・08B0-4-0/0-9-0

 

05R15・04・07・02・05・09C1-4-3/15-4-3/1,190/2,050/1,470/7,920

06R08・02・03・16・10・14D5-4-0/10-16-0/1,700/3,650/—-/—-

 

阪神5日(27日)

02R03・02・04・07・05・08A0-1-5/0-3-5

03R02・07・05・10・03・04B1-0-3/2-0-5

04R07・09・08・10・05・04B0-1-3/0-7-8

 

01R15・01・07・13・11・14C3-6-5/7-14-11/1,870/3,320/2,380/12,130

★05R01・12・16・05・10・14C2-3-6/12-16-14/1,360/2,450/2,330/10,000

10R10・05・01・06・03・08C4-5-6/6-3-8/1,570/2,770/4,010/18,400

 

2回小倉5日(2月27日)

02R01・12・15・14・10・07A2-3-1/12-15-1/1,920/3,760/1,280/11,210

R05・16・14・01・03・08B2-1-6/16-5-8/540/1,060/1,880/9,520

 

01R06・13・10・15・02・08C3-6-5/10-8-2/3,370/5,660/12,100/54,630

★03R01・06・09・14・05・11C1-2-5/1-6-5/930/1,660/4,610/16,140

 

「占有率A&B」:1位の馬が絡まなかったレースは2鞍、11戦5勝3着まで5鞍

「占有率C&D」:7戦7勝3着まで6鞍ですが、1位が絡んだレースは2鞍だけです。

 

◎2月28日

中山2日(2月28日)

レース・ランク1位・3位・4位・5位・6位・占有率・ランク順・馬番着順・馬連・馬単・3連複・3連単

01R13・08・03・09・05・02B0-1-6/0-13-2

02R03・02・10・12・14・15B0-3-2/0-10-2

04R15・13・08・11・14・05A6-1-2/5-15-13/980/2,980/1,080/12,500

06R04・01・02・03・05・06B1-3-6/4-2-6/490/980/1,980/7,550

09R10・07・08・03・05・06B4-3-1/3-8-10/1,590/3,240/1,250/10,140

 

03R01・12・13・14・02・03D4-0-0/14-0-0

05R15・07・01・09・05・06C1-0-0/15-0-0

 

阪神6日(28日)

01R08・13・07・04・02・05A2-1-4/13-8-4/390/850/770/4,130

03R07・01・11・10・02・08B1-2-3/7-1-11/430/610/640/2,000

05R12・16・03・06・11・01B0-0-1/0-0-12

10R08・03・04・07・02・06A1-2-6/8-3-6/260/310/1,190/2,320

 

02R04・05・15・14・09・02C2-0-3/5-0-15

04R11・09・07・06・01・02C3-1-2/7-11-9/1,900/3,620/2,430/14,470

06R12・02・16・03・14・04C2-6-4/2-4-3/3,610/6,320/7,360/40,140

 

2回小倉6日(2月28日)

01R11・14・02・01・07・16A0-3-1/0-2-11

02R11・02・08・15・14・03B1-5-4/11-14-15/3,320/4,450/7,250/27,730

 

★05R11・13・09・08・06・04D3-0-1/9-0-11

★06R07・17・10・09・01・03C5-1-0/1-7-0/1,140/2,420/—-/—-

*10R08・07・06・14・09・03D0-1-3/0-8-6

 

「占有率A&B」:1位の馬が絡まなかったレースは0鞍、11戦7勝3着まで7鞍

「占有率C&D」:8戦3勝3着まで2鞍ですが、内1位が絡んだレースは1鞍だけです。

 

2日間だけですから完璧にはできないですが、28日は全滅に近い状態で阪神6Rを選んだ2チームが大きなプラスを残しました。

確かに「占有率A&B」のレースを選んだ方が簡単な様に見えますが、「占有率C&D」のレースで2位軸を選んだ方がプラスは大きくなります。

 

研究員達もギリギリまでレース選びをしますので、1鞍目は早目に決めて絞っておきます。

2鞍目は購入1鞍目が的中して決めますが、3鞍目はじっくりと選びますので堅いところに行く場合は1位軸、穴目に狙いを定めるなら2位軸というのが普通です。

 

この傾向は季節によって違いますので、できたらデータをチェックしてみて下さい。