JUGEMテーマ:Coffee

 今日はOrigami(オリガミ)ドリッパーとClever(クレバー)ドリッパーの使い方について説明したいと思います。

今回はどちらも黄色ですが、オリガミは円錐形フィルターとカリタのウエーブフィルターが使え、それぞれ味の違った珈琲が出来上がりますし、海外でも人気で暫く売れきれ状態が続いていました。

美濃焼きの陶器という事でとても美しく、日本的なデザインが気に入ってます。

 

どちらかというと円錐形フィルターでは抽出時間が速いので、輪郭のしっかりした珈琲になって酸味の特徴が良く出ますが、ウエーブフィルターはまろやかで豊潤な珈琲が出来上がります。

意外だったのでこれまで1ヶ月以上試行錯誤を繰り返して、やっとベストな淹れ方ができるようにまりましたが、皆さんもいろいろと試してみて下さい。

 

続いてクレバードリッパーですが、こちらも黄色のタイプを購入しました。

台湾からスタートしたちょっと変わった抽出器具ですが、今では世界中に広がりつつある注目の製品です。

 

台湾では以前から珈琲の栽培をしており、珈琲に関してのレベルが非常に高いエリアに入りますし、抽出方法や焙煎方法も独特なスタイルが確立されており、美味しい珈琲が沢山あります。

クレバードリッパーの特徴は非常に抽出法が簡単ですので、常に安定した珈琲が出来上がります。

形は扇形なのですが、しっかりとしたコクのあるまろやかな珈琲が抽出されますし、ハリオの無限ドリッパーに近い感覚がありますし、シングルオリジンの特徴も良く抽出してくれると思います。

 

珈琲の新しい流れは着実に定着してきましたが、僕もなんとなく迷路に入り込んだ感覚で、ちょっとだけ苦労しています。

昔ながらの喫茶店の珈琲、ドトールやプロントのスタイル、スターバックスやブルーボトルのようなスタイル、そしてスペシャルティコーヒーなどのシングルオリジンのスタイルと、多種多様になって珈琲の魅力もどんどん変化しています。

 

追及すると底が見えないくらい数多くの成分がある珈琲、抽出器具も沢山ありますが、これだけはしっかりと勉強をしたいと思っていますし、各珈琲豆に合った抽出法がありそうです。