JUGEMテーマ:競馬
 こんなアイデアはどこから出てくるのか、不思議なのですが私の息子の話です。
彼は昨年の10月の東京開催で競馬初挑戦、馬券を始めて購入したのですが、初日でもあったので穴買いデーターを渡したのです。

みなさんの購入でいれば「5頭BOX①」で、Pランク2位の馬を除いて残りの5頭で購入する方法なのですが、「馬単」・「3連複」・「3連単」をすべて1点100円での購入で買いました。
東京だけで3万ほどプラス、京都はメインと最終レースで7万ほどのプラスになって、その後は競馬に興味を持ったようで、資料をちょこちょこ見るようになって今年に入ってから300万の資金で、「勝ち逃げ」を始めたのです。

なんとその「勝ち逃げ」は「Pランク」の1位も2位も除いた、3位から6位のまでの「4頭BOX」買いなのです。
息子が言うには3連単が一番配当が多いので「3連単」を「ココモ式」で購入するのですが、1口単位では買い目が24点、そこで1Rから4Rまでは購入をスタートさせないで、購入金額が5,000円になる5Rからスタートさせるというものです。
もし、4Rまでに的中があったらその日はお休み、的中がなかったら買い始めるというルールを作ったようです。

このルールでのお休みは東京の7日目だけ、そして初日から5日目まではパンク、6日目の11R(3連単94,020円)が的中、7日目がお休み8日目がパンクで9日目の11R(3連単169,220円)が的中し、この開催は終了となりました。
いつもの計算上は下記のようになります。

◎「3連単」11R169,220円(4,300)的中(24点)+7,051,460(4頭BOX) 

1日の総購入金額は369,000円ですので、6日目のプラスを入れると9日間で880万のプラスです。
マイナスの日も6日間あるのですが、現代っ子はそんなもの気にしないのだそうで本当に恐ろしいことです。

息子はこれまで競馬に興味を持ったことが無いのですが、きっと10月の競馬場行きが大きなきっかけとなったようです。
でも、こんな買い方もあるのですね、私もビックリです。

プログラムやデーターベースが得意なので、パソコンであっという間にデーター分析をしたようですが、競馬のことが全く分かっていないのでこんな買い方ができるのだろうと思ったら、本人曰く、「購入資金が沢山あるなら、僕だってPランク1位と2位を中心に買いますよ」ですから、何も言えませんでした。
参考にしたいものです。