JUGEMテーマ:競馬

 通常買いの対象となるレースは私たちの場合はメインレースになっていますが、その他にも条件があって正確には準オープンクラス以上のレースとなります。
この事については何度か誰かが取り上げてきましたが、準オープンクラスとオープンクラスになると馬の頭数も少なくなって、比較することが容易になるので、軸もヒモも選択しやすく、データも集め易いという利点もあるのです。
◆◇「Pランク」◇◆
2回東京9日(5月21日)
10R16・03・04・13・01・08D1,000万/10-5-6/ハズレ
11R11・14・05・07・13・02Aオープン/14-6-9/ハズレ◎
12R04・03・02・01・08・05B1,000万/4-1-6/的中
3回京都9日(5月21日)
10R16・09・08・05・02・12C準オープン/16-9-5/的中
11R14・04・06・11・02・13BG3/14-11-6/的中◎
12R11・01・10・03・13・12B1,000万/11-10-13/的中
◆◇「Pランク」◇◆
2回東京10日(5月22日)
08R06・12・13・11・15・02C1,000万/6-11-13/的中
09R09・07・10・04・02・05B1,000万/9-4-7/的中
10R03・05・06・17・09・04C準オープン/4-14-3/ハズレ
11R03・13・11・14・04・08BG1/3-13-14/的中◎
12R15・14・07・06・12・03E準オープン/6-3-9/馬連・馬単的中
3回京都10日(5月22日)
09R06・05・09・03・02・01A1,000万/6-3-1/的中
10R10・03・05・09・04・06Bオープン/3-2-6/ハズレ
11R02・06・10・04・09・15E準オープン/7-2-1/ハズレ◎
12R07・01・15・13・06・04D1,000万/7-1-4/的中
1,000万クラス以上の土日のレース結果ですが、「Pランク」での的中は結構多いのです。
しかし、これらを全部勝負するとなると軸の選択から、消し馬の選択など比較する対象馬が多すぎてとても無理なので、比較する対象馬が少ないレースを選ぶ事になります。
1,000万クラスの馬より、準オープンの馬は少なくなりますし、オープンクラスになるとその数はとても少なくなるものです。
したがって、比較する対象馬も少なくなりますし、さらにG1に出走する馬たちは一握りですので、順位付けがし易く軸馬の選択も容易になるからなのです。
「吾郎」さんも1,000万クラスでも、メイン以外の準オープンやオープンクラスでも的中する数はそんなに違わないので、研究を始めた苦労したようです。
当時は特別レースと最終レースは「通常買い」の対象としていたので、軸選定や消し馬選定が難しかったようでプラスさせることが難しかったそうですが、メインレースだけを対象レースとすることでプラスできるようになったという事です。
次回は購入資金について触れたいと思います。