JUGEMテーマ:競馬

 競馬で勝つことの難しさよりももっと難しいのがマインドコントロールです。

このマインドコントロールができなくなるのが、「ギャンブル」の難しさの基本だという事なのですが、これに気が付くまではマイナスの連続でしたし、気づいたからと言って直ぐに治せるものではないです。

本当に厄介な事なのですが、人間には感情があるし推理する事にもワクワクしてしまうので、修正することができない訳です。

 

コンピュータに入れられたデータから割り出される「Pランク」は下記の様に、順位が付けられて提供されます。

 

★Pランクの読み方
◎レース/ランク1位/2位/3位/4位/5位/6位/支配率/ランク着順/馬番着順/馬連/馬単/3連複/3連単
◎中山11R02・08・07・09・04・13C2-3-1/8-7-2/1,260/2,040/1,070/6,080
ランク着順⇒ランクの順位で1着-2着-3着を表示

馬番着順⇒馬番での着順で1着-2着-3着を表示
支配率(アルファベット)⇒A=軸堅い・B=比較的堅い・C=穴馬あり・D=難しい・E=とても難しい・F=ものすごく難しい

 

みなさんにも「Pランク」はメールマガジンで無料提供していますので、お分かりだと思うのですが、この6頭の中で馬券が決まってしまうのが50%以上あります。

残念ながらそれでもどう馬券を買っていいやら分からないと思うのですが、決してそうではないのです。

逆に考えて頂ければ簡単に糸口が見つかりますよ!

そうです、自分で軸を決めたりしないでランク1位を軸に買えばいいのです。

 

そして「Pランク」に委ねる訳ですから、何も考える必要がないのです。

しかも何一つ考える必要がありません。

そうなるとほとんどの人は、それは「もうギャンブルではない!」とか「投資だ!」とか「FXと同じ!」などと言って、受け入れようとしないものです。

自分の間違いに気付かない人や、自己中心的な考えから抜け出せない人も多いのですが、私達には競馬で勝って「凱旋門賞」に応援に行こうが目標であるから、勝つことに集中するために逆から考えることにしたのです。

 

何よりも「勝つこと」が絶対ですから、自分を納得させるために努力をすることが、マインドコントロールだったです。

自分の感情を殺すことなのでギャンブルではあり得ない事、とても厳しい選択でした。

でも慣れてしまうとこんな簡単な方法はないのですし、何も考えることも推理する事もないので徐々にストレスも無くなって、常に平常心でいられる様になりました。