JUGEMテーマ:競馬

 チョット生意気なタイトルですが、競馬は難しいから勝てないと思っている方が多いと思うのです。

私もその「勝てない派」として、大卒後一時は生まれ故郷の故郷に帰ったのですが、研究室とのつながりを残して勉強をし直して、20年以上経ってから研究室に復帰したのです。

 

「シゲ」さんや「ナカ」さんの創設メンバーに助けられて研究室に復帰して、更に勉強を続けて競馬を楽しみながら生活をしていますし、家業は息子夫婦が継いでくれています。

研究室に入って勉強してから既に30年経過していますが、諦めないで良かったと思っています。

 

最初に言われたり教えられたりした事を信じてさえいれば酷い事にはならなかったのに、当時の私は既に競馬に対する考えが固定されていたので、酷い事になってしまったのです。

最近の若い研究員達はほぼ8割の人が競馬を知らないでこの世界に入ってきますから、本当に物事を柔軟に考えられるのでしょうか、とてもデジタル的なのです。

 

研究をする姿勢もアナログ時代とは大きく変わったと思うのですが、私達の時代と大きく違うのは無理な勝負を避けるのです。

こういう世界ですから中には暴走する人達も少しはいるのですが、一つだけ違うのは有るお金で勝負するという堅実さが私達の頃とは大きく異なります。

 

生活費も何年分も蓄えて、家も購入して生活ベースを築いてから、余ったお金で株を買ったり、馬券を買ったり、仮想通貨を買ったりとそれこそジェットコースターに乗っているようなものですが、最低の生活ベースはしっかりとキープしてあるのです。

以前は自由だったのですが、購入コースが増えたこともあって格差がでないように購入も5人一組でするようになったのです。

 

例えば「新勝ち逃げ」のプラスは7月18日迄、9,200万なので一人なら1,840万円です。

凄い金額ですが、通常の「勝ち逃げ」も土日分合わせると同金額になりますから、仕事をしなくても十分に生活できる筈です。

しかし、いつ何があるか分かりませんので全員が平日は仕事や会社をやっております。

 

我々の時とは大きく違いますが、それでもFXで1,000万単位で負けたり、ビットコインで大きく損をしたり、競馬で大きく損をしたりというのも少しは有るようです。

「3コロガシ」は買うレースが全チーム同じでないので、マイナスしてるチームもありますし、安定性に欠けるのは確かですが、「勝ち逃げ」のプラスが大きいので心配する事はないのです。

 

私達の勉強の始まりは2歳戦3年間の勉強がすべてなのですが、この夏は暑くなりそうなのでそこを特集して行きたいと思います!