JUGEMテーマ:競馬

 競馬は順調そのものですが、我が家の毎日は新築の物件でしたので連休中は庭造りやら、草刈りで大変な毎日でした。

花も沢山買ってきて植えましたし、種も蒔いておきましたので2か月後や3か月後が楽しみですが、汗を一杯掻いて頑張りましたので、お昼は「中本」さんじゃないけれどいつも「うどん」や「日本蕎麦」です。

なんといっても家内が大の麺好きで、函館時代も昼食は麺類が多く1週間で6回は食卓に上りますので、どれだけ好きか想像がつくと思います。

函館時代は細麺の「冷やし塩ラーメン」が本当に美味しく、干しホタテと昆布でだしを取って、鶏がらスープと合わせて汁を作り冷やしておいて、冷たい麺にかけて季節の野菜も一緒に食べるのですが、「そうめん」も同じようにして食べていました。

函館では「塩ラーメン」の美味しい店が沢山あるのですが、家内の汁は絶品なのです。
最近はのど越しの良い「稲庭うどん」が麺の主役で、汁は全く同じです。

 

(写真は拝借したものですが、およそこんなかんじです。)

 さて競馬は「ヴィクトリアマイル」と今度は牝馬のG1です。
「メイショウマンボ」が参戦して面白さがプラスされましたが、12年優勝の「ホエールキャプチャ」、13年の「ヴィルシーナ」、「JC」2着の「デニムアンドルビー」、他にも「スマーレイア―」、「ウリウリ」、「ラキシス」等「ディープ」産駒が勢ぞろいです。

牝馬の一流馬が勝っている「ヴィクトリアマイル」は06年に新設されたG1レースで、歴史は浅いのですが、09年は「ウオッカ」、10年は「ブエナビスタ」、11年は「アパパネ」と牝馬にとっては大事なレースとなりました。

中でも「ウオッカ」が勝った時は7馬身差の圧勝劇で、馬券は的中できませんでしたが印象に残っています。
当時はまだ函館、まさか研究室に戻る事など考えもしなかったのでテレビ観戦、こうして今は好きな競馬と向き合っている事が不思議ですし、仲間がいることは頑張れる要因でもあります。