JUGEMテーマ:競馬

 GW中は函館に帰るつもりでしたが、女房と息子が逆に遊びに来たいということで、結局、家族全員が秦野市に集まることになりました。
皆で温泉に行ったり、映画を観に行ったりで結構忙しいGWになりましたが、毎朝、朝食の支度も洗濯も掃除もしなくて良いので快適そのものです。
私は、午前中は自宅にいてデータ入力と確認と検証に2時間、午後からは「研究室」で1時間ちょっと資料の整理をしますが、木曜日になるとメインレースだけですが、調教や状態のチェックをしてから、有力馬の資料を集めます。
金曜日には、ほぼ資料のチェックが終わっていますので、それからの時間は暇なのです。
「年寄り倶楽部」の皆さんはだいたい同じような感じで過ごしているようですが、「創」さんだけは土日以外は「研究室」に来ないのです。
したがって、金曜日はあまり出かけないようにして、家でノンビリと過ごすことが多く睡眠時間もタップリ取るのが習慣になっています。
金曜日に睡眠をタップリととっておかないと、土曜日のレース終了後にはお酒を飲まなければ眠れないぐらい興奮しており、眠れなくなったら日曜日は居眠りしながら競馬をやることになってしまいます。

 秦野での生活もパターン化されてすっかり慣れて、合理的かつ健康的な環境が整ってマンション暮らしも問題なくこなしていますが、ゴミの分別の複雑なことと、ゴミ置き場までが雨の日は本当に大変です。
都心の新宿に1時間余りで着くのですが、空気も綺麗で緑も多く丹沢の山々も綺麗で環境は本当にいいです。
一時はどうなるかと思った秦野での生活、「住めば都」とはよく言ったもので環境にも慣れましたし、好きなことをできますので幸せです。