JUGEMテーマ:競馬

 「ゴールドアクター」のG1初制覇、「吉田隼人騎手」のG1初制覇、「中川厩舎」のG1初制覇と初制覇が並びましたが、本当におめでとうと心から言いたいです。


の「グラスワンダー」から「スクリーンヒーロー」と続いた父系は、今年マイル路線でG1を3連勝の「モーリス」と、1000万から4連勝で「有馬記念」を
勝ったこの「ゴールドアクター」を出したことになりますが、まだ11歳と若いだけにこれからの産駒には注意が必要です。
でもこの馬は来年も楽しみです。

「ゴールドシップ」にとっては非常に厳しい流れとなって、追い込み馬には不利な展開になってしまい、可哀想でしたが見せ場は作ってくれましたので結果としては納得しています。

 さて今年は雨が多く馬場状態がパンとした日が少なかったので、レースの流れも緩いレースが多くて、ストレスが溜まることが多かったです。
来年は海外の主要レースの馬券も、日本で購入できるようになりますし、楽しみがまた増えてしまいますが、それなりにデータも集めないといけないです。

「勝ち逃げ」は少数精鋭にして、海外競馬の事もありますので、休みを取りながらゆっくり勝負してゆきたいと思っています。
変更点については、「ココモ式」は「馬単」と「3連単」だけ、「中本式」も「馬単」と「3連複と3連単の選択制」と東西で4コース削っての提供となります。

「メインレース」は予備馬の提供をしないで、「Pランク」の6頭だけで勝負するように変更します。

 研究室は来年度から、少しづつ業務を若い世代に引き継いでいきます。
私ももう64歳になりますので、ノンビリとしたいですし残している研究も本腰を入れて、若い世代に残していきたいと思います。