JUGEMテーマ:趣味

 私の場合は珈琲や紅茶にも、ハイボールもそうですが「カルヴァドス」が一番好きです。

フランスのノルマンデーは馬産地として有名ですが、リンゴの産地でも有名でリンゴから造る「カルヴァドス」は本当に美味しいブランデーです。

 

特に「ブラー」(Boulard)の製品が大好きで、日本でもサントリーが代理店なので入手しやすい事もあって、もう40年くらい飲んでいますが、「ドーヴィル競馬場」に行った帰りに立ち寄ったレストランで初めて飲んだ「カルヴァドス」(ブラーのXOだったと思います)の美味しさにビックリしたものです。

 

 

こんなにフルーティで華やかな甘い香りのブランデーは知らなかったのですが、世界一の売り上げを誇った時代もあったようで、驚きなのは第二次世界大戦時にノルマンディーは激戦地となって多くの農家が被害を受け、リンゴの生産が壊滅的状態になってお酒はスコッチウイスキーが主流になったそうです。

 

 

リンゴと洋ナシがあの甘い香りと独特の風味を出しているのが、「カルヴァドス」なのです。

チョコレートやチーズ、デザートにもピッタリなのですが、珈琲や紅茶に入れると更に美味しいし冬は体も温まります。

「ブラー」社は家族経営の会社なので、1825年から創業で現在までずっと196年もの間続いており、現当主は5代目に当たる玄孫「Vincent Boulard」氏です。

 

「ブラー VSOP」(4,200円前後4年以上熟成)、「ブラーXO」(5,800円前後6年以上熟成)と比較的安いのですが、一番安い「ブラー グランソラージュ」(3,200円前後2年以上熟成)でも十分に美味しいです。

他にも「ブラーXO AUGUSTE」と「ブラーEXTRA」もありますが、日本では見たことがありませんし、あまり人気のない「カルヴァドス」ですから、見つけたら即購入して飲んでみたいと思っています。

 

「ブラー」社の他にも「モラン」社・「デュポン」社、「アドリアン・カミュ」社などの名門カルヴァドスもあって、とにかく美味いので機会があったら紹介します。

お酒はコロナ禍に関係なく人々にとっては大切な飲み物ですが、美味しいお酒はまだまだ沢山あります。

深酒にならない様に楽しめれば最高です!