JUGEMテーマ:競馬

 「Room365」も「メガジャパン」もスタッフの数は大きくは変わっていませんが、収入は大きく変化しました。
私も派遣社員だった時期があって、給料はボーナスが無くても徐々に上がって行き、20万前後から3年の間に100万近くまで上がり、派遣切りが始まった5年前の11月が曲がり角で給料は下がる一方、とうとう2年で40万まで下がってしまったのです。
ところがいきなり派遣切りの憂き目にさらされ職を失ってしまった時に、拾われたのが「Room365」でした。
そこでは給料と言っても20万前後と低いだけですので、生活してギリギリの日々が続くことになりますし、いい仕事があったら辞めるつもりでしたが、それからの日本は良くなるどころか悪くなる一方でした。
「競馬塾」でも集中力が足りない状態が続いて1年目は真剣ではありませんでしたが、辞めるにも就職口もなく状況が悪くなる一方でしたので、2年目からは真剣に取り込むようになったのです。
でも、「競馬塾」も「Room365」での仕事も楽ではありませんでしたし、貧乏生活が続いて投げ出したくなる時もありましたし、競馬の勉強も何度も中断したものです。
ところが3年目に購入が始まり、小さい金額からですが少しは貧乏生活から抜け出せるようになりましたが、競馬で勝った金は一定の額が貯まるまで手を付けられませんでしたので、それが自分たちの人生を大きく変えることになったのです。
現在の事務局のスタッフ5人と「創」さんと「龍」さんの2人と7人に、研究室創設の3人を合わせ10人で会社を設立したのです。
土地を購入して、その土地を担保にして借金をしてアパートを建て貸す事業をスタートさせたのですが、ソーラーシステムが組み込まれた事務所兼アパートなので電気料金が割安になりますので人気です。
それに昨年は事務局のメンバーだけでもう一つの会社を作りパソコン事業部を事務局で運営することになったのです。
これによって私達の収入は大きく変化したのですが、全員が役員であり、社長でも社員でもあるので真面目に仕事をする訳です。
しかも、出資率は全員が同額ですから不公平もない訳ですし、アパートがダメになって会社を解散することになっても、借金は実質ゼロですから心配はないのです。
 こうして収入を増やす努力をさせらて、ここまで一緒にやってきたのですが、アイデアの素晴らしさとその考え方に、今は感謝しています。
きっと、こんな世の中になることを「ボス」も「シゲ」さんも「中本」さんも、以前から分かっていたのかもしれません。