JUGEMテーマ:競馬

 週末は強い寒波と雪の予報で「勝ち逃げ」は日曜日の「ココモ式」だけのスタート、もし土曜日にスタートすれば関西で「ココモ式」がマイナスになるという状態でしたし、雪の影響が出るものと思ってのスタートなしでした。

日曜日は沖縄で115年ぶりの雪、台湾でも雪がふって、九州はあちこちで交通がマヒするくらいでしたが、京都も中山も非常に良いお天気になって、「ココモ式」だけのスタート、メインレースも素晴らしい結果で、何よりもうれしいことに「Win5」が的中し片目が開いたことです。

 私と「吾郎」さんはやっぱり「メインレース」の通常買いが主力、「勝ち逃げ」はサブなのですが、今年は5分に資金を分けて勝負しています。
常に心の準備してありますが、「Win5」も3×3×3×3×3=243点が基本ベースです。
軸が固そうなレースでは2×4×3×2×4=192点や、2×4×4×2×4=256点の時もありますが、基本ベースはできるだけ守るようにしています。

5鞍の1着を的中させるので1頭だけになることは、少なくとも最低でも1鞍2頭は選びますし、最高は5頭まで選ぶことがあります。
日頃からメインレースで軸決めをしていますので、慣れたものでササっと決められます。

参考になるかどうかは分かりませんが、その手順について説明しておきます。
選ぶのはすべて「Pランク」からです。

「Win1」⇒中山10R:07・13・03・06・08・02
 ここは長期休養明けの8番と3番、6番も昇級で消し、2番は前2走の成績が悪すぎで、7番と13番の2頭残しにしました。

「Win2」⇒京都10R:03・06・10・04・07・12
 重目で昇級の7番は消し、6番もこのクラスで苦戦しかも半年休養で消し、4番も馬体増えすぎで消しで、3番と10番と12番(G1で3着の実績あり)の3頭残しです。

「Win3」⇒中京11R:05・10・07・06・08・02
 7番は長期休養明けで消し、8番は年齢的に勝つまではなしで消しで、5番・10番・6番・2番の4頭残しでした。

「Win4」⇒中山11R:03・06・11・13・09・01
 ここは上位3頭以外は力不足で最初から3頭に絞りました。

「Win5」⇒京都11R:08・02・06・04・01・13
 ここも前走から上位3頭に割って入れる馬がいませんので3頭に絞りました。
2×3×4×3×3=216点での購入となりました。

 購入がぎりぎり待って馬体重がチェックできるレースは、できる限りチェックしておきます。
メインは比較的に前日からある程度のチェックができていますので、そんなに迷うことはないのですが、朝までチェックが終わらない場合も時々で寝不足になることがあります。
こんな感じで年間およそ56回のチャンスがある「Win5」は、平均的243点ベースならおよそ必要な資金は136万円ですから、昨日の的中で年間のプラスは確保したことになるのです。

ところが余計なことに首を突っ込むのが人間、1点200円で購入したり300円で購入したりで、せっかくのプラスを減らしてしまうものです。
無理なことをしないで、1年間同金額で購入するようにすれば意外とプラスが残るのが、「Win5」なのです。
頑張ってチャレンジしてみてください。