JUGEMテーマ:競馬

 夏競馬というとやっぱり「飲む・打つ・食らう」なのですが、観光もいいものですし、温泉も楽しめます。
名古屋ですとやっぱり名古屋城、天守閣に登るとなんとまたがれる「金の鯱」があって最高の記念写真が撮れますし、ぜひお子さんを連れて家族で訪れて欲しいものです。
名古屋の美味しい食べ物というと「味噌煮込みうどん」・「味噌カツ」・「あんかけスパ」・「手羽先」・「ひつまぶし」などあげたらキリがないのですが、私は「手羽先」(風来坊・伍味酉など)と「ひつまぶし」(あつた蓬莱軒)は必ず食べに行きます。
父も大好きなので昔は一緒に良く行きましたが、最近は研究室の誰かと一緒にということが多く、金曜日の午後から「キャバクラ」巡りをして、夜の遊びもピンキリの名古屋です。
ただし程々にしないと、競馬どころではなくなってしまいますので注意してください。

 さて、福島はなんといっても「喜多方ラーメン」・「どぶ汁」・「焼きそば」・「馬刺し」・「蕎麦」などあげたらキリがないですが、温泉がとてもうれしいですが「飯坂温泉」もちょっと寂れてしまい寂しい限りです。
でも、帰りは「猪苗代」経由で「会津若松」から「日光」へ抜ければ、いい温泉が沢山ありますのでおススメです。

それぞれの夏競馬は色々な特徴があって、楽しみもいっぱいですし温泉も楽しめます。
私の場合は「福島」だけでなく、「仙台」や「日光」にも寄り道して帰りますので3泊4日や4泊5日になってしまう事が多いのです。
「名古屋」の場合も帰りは「浜名湖」や「沼津」にも寄り道して帰ります。

みなさんも夏競馬を楽しんでみて下さい。