JUGEMテーマ:競馬

 最近、注目されている競馬の「税金」の事について書きます。
関西で特殊な方法で競馬で勝った方が脱税で捕まり、裁判が行われているという事ですが、JRAにも問い合わせが殺到しているという事ですし、私達の会員の方からも質問が沢山あって対応に困っています。
会社勤務のサラリーマンなどの場合は、給与以外の所得が年間で20万円以上あれば確定申告が必要なのですが、特別控除などがあって競馬では年間90万円以上の黒字なら申告義務が生じる訳です。
ところが外れたレースの馬券は経費として認められず、的中したレースの馬券購入額だけが経費として認められているので、ややこしいことになっているのであります。
これは、競輪や懸賞の賞金、福引の当選金と同じように「一時所得」として扱われますので、申告の必要がある訳です。
ところが、宝くじやサッカーくじは公共事業やスポーツ振興に役立てられるために、所得税が課せられないのです。
 これらが私達の知りえる現実なのですが、JRAの売り上げの10%は公庫に入るために通常の考え方では、二重課税では?という疑問がわくのも当然の事なのですが、国税局にしてみると課税制度に基づいて税金を徴収しようとしているだけなのです。
今回の裁判では明らかに儲けたお金よりも何倍もの課税がされた訳で、外れたレースの馬券はもちろん経費として認められなかったので、こんな不合理な事になったようです。
これまではこんな事件も「野ざらし」状態だったようで、通常の楽しみ方ではこんな裁判になるようなこともなかったと思いますが、数年の間に50億も超えるお金が動いたことに国税局が注目して調査が始まり、今回の裁判になったというのが真相のようです。
 私も競馬中心の生活ですから申告は普通にしていますが、年間で億単位になることもありませんし、競馬でのプラスはそんなに大きな金額になることはありません。
ただ、この二重課税のようになることだけは改善して欲しいですし、競馬ファンの夢を壊すようなことはJRAも望んではいないと思っていますので、競馬もスポーツ振興の枠内に収めて頂くか、外れたレースの馬券は経費として認めることが必要ではないでしょうか?これでは数年後には競馬の存続にも係るような売上下降に繋がるような気がしております。