JUGEMテーマ:競馬

 データの入れ替え作業が続いており、研究室や自宅で缶詰状態で頑張っているのですが、これからの事を考えるとこの時間も非常に大切なものです。
残り1週で終わる入れ替え作業は、来年の6月まで連続して使えますしこのままなら来年は2週間ほどで入れ替え作業が終わると思います。
震災の影響で、福島競馬場のデータと新潟競馬場と中京競馬場は新装されて間もないので、データ不足の状態、今年は特に長い時間が必要になりました。
このデータ不足の状態について今日は触れたいと思います。

 競馬場単位のデータ不足はそれほど大きな問題となることはなく、時計の換算もある程度はできるものです。
しかし「特別レース」と「特別レース」の中でも「メインレース」と呼ばれるレースでは、そのデータ不足は大きく影響が出てしまいます。
500万クラス、1000万クラス、準オープン、オープンと順にデータ量は増えるのに、クラスを構成する馬の数は逆に減っていきます。
ということはクラスが上がっていくほど、情報量が増え絞りやすくなり、比較もしやすいということになります。
「メガジャパン」の「メインレース会員情報」は、この準オープンとオープンのレースだけを対象に、情報の提供を行なっているのです。
したがって、的中する確率も高くなってみなさんには喜んでもらっているのですが、ここまでたどり着くまで、40年もの長い年月をかけてデータ分析をしてきたのですから、凄いことです。
しかも、当初の研究メンバーは60名程もいて、今は3人だけしか残っていないのですが、それだけでも大変な苦労だったと思いますし、完成されたその購入方法には本当に驚かされました。
現在、北海道シリーズ以外の10Rの「Pランク」は、「特別レース特集」としてブログ内で無料提供されていますが、以前は「メインレース特集」として現行の「メインレース会員情報」が無料提供されていました。
今は募集制限をして利益の確保に勤めていますが、今後も大きく広告を出したりすることなく、これまで応援してくれた皆さまへのお礼を込めて、少数だけの募集を続けていきます。
興味のある方はメールでお問い合わせください。

 「メガジャパン」の本来の仕事はパソコンの販売でしたが、3年ほど前からパソコンの販売から「修理サービス」をメインに業務転換をして、この景気の悪さも乗り切ってこれたのですが、「メインレース会員情報」も予想の販売ではなく「情報サービス」に切り替えて多くに方に支持されています。
何よりも納得していただいているのが、予想としての「情報サービス」ではなく、データとしての「情報サービス」だからです。
考え方はいたって簡単で、馬体重のチェックとパドックを見ないで情報提供するのは、あまりにも無謀で予想とは言えないということです。
ただパドックを見てから分析をして予想を提供したのでは、購入ができなくなってしまいますので、馬体重のチェックとパドックのチェックはみなさんにやって貰うことで、そのギャップを解消させました。
会員のみなさんも予想を買うから「情報サービス」を受けることで、少しづつ勉強をしながら事務局との連帯感が生まれ、一緒に勉強していこうとする気持ちになる方が増えたようです。
上手く利用することで、数倍も競馬が楽しくなりますよ!