JUGEMテーマ:競馬

 今日は「勝ち逃げ」について書いてみます。
今回、「ココモ式」でも「中本式」でも関西で大きなプラスが出ましたが、「勝ち逃げ」は軸の選定も相手を絞ることもしないで、そのまま支持された軸で購入しますのでパドックのチェックも馬体重のチェックもいらないので、初心者向けの購入法だというのが私の見解です。
もちろん同じコースなら誰がやっても「Pランク」を利用しているなら、同じ結果になるものなのです。
「メインレース情報」は購入する人の感情が反映されますので、同じ結果にはならないもので、我々「研究室」のメンバーでもマイナスする人もいますし、プラスしてもその額はバラバラになってしまいます。
同じように勉強していても、その日に利用するファクターがそれぞれ違いますし、購入する金額も違うからなのです。
その点「勝ち逃げ」は購入する金額もスタート時から決められていますので、面倒な事もなく初心者でも1年間買い続けることができれば、容易にプラスを残すことができる方法なのです。
競馬を覚えると不思議なことに、馬券が当たらなくなってしまうものなのですが、これは競馬というギャンブルはファクターが多すぎて、知れば知るほど複雑になるからなのです。
私も最初のころは負けてばかりでしたし、「競馬塾」を卒業する頃にやっと「Pランク」という最初から絞られたデータ情報があるので、私達の競馬は「勝ち逃げ」でも「通常買い」でもプラスできるということを思い知らされたのですが、「Pランク」がなかったらこの年齢まで競馬をやっていなかったと思っています。
最初から6頭に絞られたこの素晴らしい「Pランク」があるからこそ、初心者でも競馬で勝てるようになったのだと確信するまで、ずいぶんと時間が必要でした。
 自分たちのような人は沢山いるものと思いますが、プラスをしてきちんと生活している人は少ないと思っています。
ただ「勝ち逃げ」は、初心者でも勝てるチャンスを与えてくれる最良の方法なのですから、みなさんにもチェレンジして欲しいと思ってます。
本気で儲けようと思うなら絶対に「勝ち逃げ」なのです。
どのコースも最低4分の1の金額(25%)で購入できるようになったら幸せです。
安全策を取るなら「ココモ式」、勝負を賭けるなら「中本式」です。
会員の皆さんも25%購入を目指して、この数字が基本だということを認識して欲しいのです。