JUGEMテーマ:競馬

 分析結果と「3連複」と「3連単」の成績の分析で、大きく狂い始めたのが人気サイドのオッズが二段階も下がってしまった事です。
これが大きな要因なのですが、これまでのように購入したのではプラスの確保が難しくなったので、購入システムの変更が必要となったのです。
そのため、「3連複」も1位軸・ボックス、「3連単」1位軸・ボックスに範囲を広げて対応、ついでに「馬連」も1位軸・ボックス、「馬単」は1位軸・2頭軸・ボックスとシステムを変更してマイナス日に遭遇しないようにしたのです。
このシステム変更は、購入軸を決めるのに全体で4時間ほど余分に時間が必要になってしまいますので、研究室と事務局が合同で分析を金曜日から行うことになります。
そこで、7月から事務局を倍の大きさに拡張して、研究室が事務局のお隣に引越しすることになりましたので、作業が合同で行えるようになりました。
これまでの研究室はリニューアル中で、今後は新事業(まだ決まっていません)の拠点となる予定です。
原点に戻ってみんなで一致団結というのが今回の移動、いつの日か別々に「勝ち逃げ」の研究をして歪が生じてしまったのか、問題があっても直ぐに対応できない環境になっていたのかもしれません。
「ボス」がいつも言っていた「協力体制」が、「ボス」の引退で勝手な方向へ向かってしまったようで、みんなも反省しています。
 こうしていろいろあって、「シゲ」さんと「中本」さんを中心に新体制が徐々に出来上がっていますが、「ボス」はいつも通り自室に閉じこもって何かをやっています。
パソコン(ゲームPC)の組み込みをしたり、HTPC(ホームシアターパソコン)を組み込んだり、毎日、機械いじりをしていてマイペースなのですが、「勝ち逃げ」に対するアドバイスは的確にしてくれています。
しっかりとした取り組みがされていないと「Pランク」を上手に利用できないことは、私達にも分かっているのですが、まだまだ勉強が足りないという事なのです。
頑張らないといけないです。