JUGEMテーマ:競馬

 今年の楽しみはやっと元気になった妻と娘の三人で車に乗って旅行に出かけること、家族が健康ならそれで満足、妻が病気の時は本当につらい思いをしましたので、お金よりも健康が大切です。
10kgも痩せてしまった妻は、やっと太りだし健康体を取り戻しつつありますが、まだまだ無理が出来ないのであと1か月は会社に出社する予定で、2月中旬には研究室に復帰できそうです。
慣れない会社勤務にも慣れて、最近は競馬に浸かっていた私の頭も元気に活動しています。(笑い)
 さて、お正月競馬は「メインレース」がプラス、「勝ち逃げ」は「ココモ式」がマイナススタートとなりましたが、本当に難しい競馬が多かったのでしょうがないです。
でも、日曜日には時計の修正を徹夜でしたそうで、通常通りの的中に戻っていました。
今年の目標は「メインレース」でのプラスを増やしたいと願っているのですが、「吾郎」さんのように日頃から調教状態やパドックでの気配に注目して、勉強を改めてしたいと思っております。
「勝ち逃げ」は1年か続けることでプラスにはなるのですが、「メインレース」は軸選びの失敗とヒモ選びの失敗で取れるレースをずいぶん外してしまいましたので、「吾郎」さんの半分もプラスが少なかったのです。
「吾郎」さんより9歳も若いのですが、「競馬塾」では私が先輩だけに悔しい気持ちもあって、いろいろと教えていただいていますし、丁寧に教えてくれますので助かります。
どちらかというと、のんびりした性格の「吾郎」さんはいつもマイペースで、酒には弱く、多くを語らず、カラオケは全くダメといった感じです。
したがって、競馬もマイペースでノンビリとパドックをチェックしてゆっくりと購入するのですが、バタバタしている時は馬券を買うのを止めてしまいます。
あの冷静は私も欲しいと思いますが、競馬を始めた頃は全く逆だったそうで驚きです。
長い時間を経て今のマイペーススタイルになったそうで、この年になってから「ボス」に呼ばれるなんて思わなかったというのですから、人間のチャンスはいつ巡ってくるのか分からないものです。
 細やかな事前チェック、パドックでの気配チェック、馬体重の増減のチェックの3本立てがベース、「メインレース」以外のレースは勉強のためパドックの映像を録音して平日にチェックするそうで、レース当日は「メインレース」に集中するだけですと言ってのけるくらいです。
そのこだわりが素晴らしいです。
このように少しは私も追いついていきたいので、勉強しながら「吾郎」さんを追いかけてみたいと思っています。

 最後に年度代表馬が「ジェンティルドンナ」に決定しましたが、「ジャパンC」での壮絶な叩き合いは感動モノでしたし、今年は海外遠征で活躍することを期待しています。