JUGEMテーマ:競馬

 皆様には心配をかけてばかりの私ですが、本当に申し訳がないと思っております。
家内の病気と子育てと、会社の運営と大変な日々を送っているのですが、家内の病気もやっと良い方向に向かってたまには自宅に帰ってきます。
子供もやんちゃな時期なのでお母さんが居ないとなんとなく、さびしそうで可哀そうですが、叔母が一生懸命面倒を見てくれていますし、会社は現行のスタッフでやっと切り回して行けるようになって頑張っています。
今年も残り1か月ちょっとですので、「創君が本音で書きます!」の〆は私が書こうと思っていますのでよろしくです。

 今年の競馬会はいろいろな話題がありましたが、3歳牝馬の「ジャパンC」制覇は長い審議のおまけ付でしたが、そのレース内容も衝撃的なものでした。
「ジェンティルドンナ」の斤量差の4キロと、スタートしてから外から内に入れてじっと我慢させてのレースぶりと、マイナス14キロと絞りに絞った馬体とを、最大限に活かした騎乗法には徹底した勝負への執念が感じられるものでしたので、結果には満足しています。
私の場合結局は、自宅でテレビ観戦となったのですが、この馬の強さは1月の「シンザン記念」で牡馬相手に勝った時に「相当活躍するだろう」と思ったくらいでしたので、牝馬三冠を取った時には勝つまではいかなくても、古馬戦線でも活躍できると確信していました。
「ウオッカ」、「ブエナビスタ」と日本でも強い牝馬が誕生したのですが、この「ジェンティルドンナ」はその上を行く強さがあるようです。
それにしても、牡馬三冠と牝馬三冠の三冠馬同士の戦いは、来年も続いてくれそうで本当に楽しみです。

 今年の「勝ち逃げ」も、いよいよ最後の開催を迎えますが、前開催は「3連複BOX」関西が「中本式」150万、「ココモ式」260万、「馬単」関東が「ココモ式」400万と大きなプラスを出して頑張りました。
「勝ち逃げ会員」と「Pランク会員」の皆さんも来年に向けての準備が大変だと思いますが、「中本式」が「馬単」・「馬連」・「3連複」の3コース(東西で6コース)、「ココモ式」が「馬単」・「3連複」・「3連単」の3コース(東西で6コース)に絞られた訳ですが、これによって組み合わせ購入が簡単になりましたので、その方法について説明しておきます。

購入の組み合わせで注意することは、次の通りとなります。
1:組み合わせる時のコツとしては、東西同じ買い方でスタートすることが大切です。
 もし、「中本式」で「馬単」関東を購入するなら、「馬単」関西も同じ金額で購入することが大切です。これは、関東がマイナスの時でも、関西がカバーしてくれるケースが多いからです。

2:資金は4分割して1年間を買い続けることができるようにする。
 購入資金は、1コースごとに4分割して購入を始めることで、1の理由で同じコース内で東西が購入可能になります。

3:「中本式」と「ココモ式」で同じコースを購入しないようにする。
 「中本式」と「ココモ式」は「馬単」と「3連複」がダブっていますので、ダブっての購入はダブルマイナスの可能性が高くなりますので、できれば避けて欲しいのです。

 今日はここまでにして、次回(明日の予定)は今年のこれまでの結果の発表と合わせて、いろいろと考えてみたいと思います。