JUGEMテーマ:競馬

 「オークス」は結局、馬単だけの的中になってしまいましたが、びっくりしたのは当日の1番人気が「ミッドサマーフェア」になったことです。
最終的には「ヴィルシーナ」、2番手が乗り代わった「ジェンティルドンナ」になると思っていたのですが、残念なことにそのままでした。
確かに「桜花賞」馬の乗り代わりは不安視される方が多いのは分かるのですが、「Pランク」を見てさらに驚いてしまいました。
なんと1位が「ミッドサマーフェア」なのです。
なぜ?という疑問はすぐに解決しました。
これは前走の走りに原因があったようで、「フローラS」を勝った時の上がりタイムと東京競馬場での楽勝がそうさせたのです。
専門家の目も、コンピューターのデータも乗り代わった「桜花賞」馬が、1600mしか走ったことがないということに注目したようで、評価が低くなったようです。
しかし、年頭に「シンザン記念」を勝った時には、「桜花賞」はこの馬で決まりと思ったぐらいですから、乗り代わったということだけで評価が下がるのはおかしいのです。
 私の場合は「アイムユアーズ」・「ヴィルシーナ」・「ジェンティルドンナ」の三つ巴というのが結論でした。
人気が上位4頭に被っていましたので、3頭に絞って購入しないとプラスできないと考えました。
結果的には、「アイムユアーズ」が4着になって3連単と3連複は外れましたが、馬単で少ないながらプラスにはできましたので、満足はしています。
「クラシックレース」での格付けはしっかりとしておかないといけないのですが、「ミッドサマーフェア」はパドックでも少し入れ込んでましたし、印象が良くありませんでした。
展開も速くなったので牝馬にはきつい流れになってしまい、格の違いが結果に出てしまったわけですが、能力だけで走る3歳夏までは体制に大きな変化はないものです。
しかし、夏を境にその能力差は徐々に詰まってきますので、秋は上がり馬に注意が必要になってくるのです。
 それにしても外を回っての5馬身差の勝利、本当に強かったですね!また、今週末は「ダービー」ですし、的中させたいです。