JUGEMテーマ:競馬

 先週末の14日と15日はデーターの入れ替え作業のために「メインレース」と「Win5」対象レースのみ「Pランク」の提供をしました。
本当にご迷惑をかけましたが、土曜日の午前中までに終了したオープンクラスと準オープンクラス入れ替え作業で、「メインレース情報」の結果からもその効果が分かると思います。

これから1,000万クラス、500万クラス、未勝利クラスと金曜日までにはすべての入れ替えが終了しますので、今週末からは「勝ち逃げ」が再開できるようになります。
1年に3度くらいは入れ替え作業で1週間づつ、お休みしなければいけないのですが良馬場が続いている時は常に少しづつ入れ替えが可能なのですが、今年の中山みたいに正月から一度もパンパンの馬場にならなかった場合は成績の悪化を招いてしまう事があります。

今回の作業で前半期終了までは大丈夫かなとは思いますが、「東京」と「京都」開催に入るころには1度修正が必要になるかもしれませんので、油断は禁物です。
でもデーターがピッタリの時は、以外にも「メインレース」は分かり易いレースが多くなるものですから注目して下さい。

 さて「勝ち逃げ」は「ギャンブル」の中でも一番オーソドックスな勝負方法なのですが、自分の意思が反映されていない機械的なシステムなので、「通常買い」から見ると本当に詰まらない方法なのです。
しかし、「吾郎」さんのように馬を診る目を持っていない私達には、「勝ち逃げ」に頼らなければ競馬では勝つことができませんでしたし、これからも同じように「勝ち逃げ」で勝負するしか勝つことはできないと思っています。

「吾郎」さんは30年も馬を診ることを集中的に勉強して、馬体重、パドック、返し馬とチェックしてから馬券を購入しますし、私達とは大きく違った勝負(本当のギャンブル)をしています。
今回私も、「Win5」的中と「メインレース」もトリプル的中5鞍と良績を上げることができたのですが、軸が決めやすいレースが多かったこともあって絞ることも簡単でした。

本当に「Pランク」データーのクオリティは、勝負に大きく影響していることを確認できましたし、その大切さも再認識できました。
さらに何年勉強しても、競馬の時計も競馬場の馬場状態も年々変化していますので、それをしっかりと捉えておかなければいけないという事が分かりました。

懸命に努力をして勉強をしていく必要があるので簡単にはいかないものですが、頑張るしかないのです。