JUGEMテーマ:趣味

 今回は「熱海」夏の花火大会の日程は7月20日(土曜日)・28日(日曜日)、8月は5日(月曜日)・8日(木曜日)・20日(火曜日)・25日(日曜日)を取り上げてみました。
さて、1年間で何度もある「熱海」の花火は7月と8月は6日間ありますので、楽しみは何度もあるのですが、いざ宿となると料金は跳ね上がるし混雑していて予約も取れないのです。
この時期は「初島」の花火大会7月21日(日曜日)・「湯河原」の花火大会7月27日(土曜日)・「伊豆山」の花火大会8月3日(土曜日)・「網代」の花火大会8月16日(金曜日)・「伊豆多賀」の花火大会8月18日(日曜日)も有りますので楽しみ一杯です。
そこで私達は電車で25分の「伊東」か、7分の「湯河原」に宿を取ってというのが定番となっています。
時間的には「湯河原」が最高に便利で、「ゆがわら大野屋旅館」「大滝ホテル」「川堰苑いすずホテル」などにユックリと泊まって温泉に浸かって、電車で移動して熱海で「花火鑑賞」というのもありです。
また、有料観覧席の購入は「あたみのはなび」にアクセスして、購入して下さい。(900円です。)

 

 3年も続けて行っているスタッフもいるくらいですから、本当に綺麗ですし船から鑑賞する方法もあるそうです。
一生の思い出になりますので、家族や恋人と一緒に出掛けてみて下さい。
「研究室」でも「宝塚記念」後の行事として、夏の「熱海海上花火大会」と「伊東按針祭海の花火大会」(8月10日)のどちらかを観に行きます。
今年は「宝塚記念」をビシッと的中させてから、出かけたいと思っております。