JUGEMテーマ:競馬

 昨日は「吾郎」さん宅で資料整理、「天皇賞」の資料を用意してチェックをしてみましたが、主役が決められなくて二人の意見をまとめることができませんでした。

お天気が良ければ非常に速い時計の出る東京競馬場の芝コースは、今週末からBコース(内柵が3m移動)が使われますので、何とかお天気が持ってくれそうなので良いタイムが出そうです。

やはり「ラブリーデイ」・「エイシンヒカリ」・「ショウナンパンドラ」・「ディサイファ」・「イスラボニータ」・「カレンミロティック」・「スピルバーグ」・「ワンアンドオンリー」と主役級が出走してくるのですから、どれかに決めたいですがそれが簡単ではないのです。
「ディサイファ」以外いずれも休み明け二戦目となり、当日の馬体を見ないと決められない状態なのです。

やはり「宝塚記念」の上位組が有利とは思うのですが、「エイシンヒカリ」も負けたレースは逃げてオーバーペースとなって敗れましたが、そのほかのレースでは人気に応えており、侮れない存在なのです。
昨年勝った「スピルバーグ」もベストの距離で巻き返しが考えられます。

どの馬も「エイシンヒカリ」という目標馬がいますので、東京の2,000m4コーナーからのおい比べは見ものですが、先に動くと目標にされますし仕掛けどころが難しいのです。
当日は時計のチェックをしっかりしておきましょう。