JUGEMテーマ:競馬
 「一杯のコーヒーに夢を託して」も書き込むのが2週間ぶりなのですが、データの入れ替え作業が忙しいのと「勝ち逃げ」の新しいシステムのチェックで時間がなくて、やっと今日の午後に残りの修正が終わります。
そんなこんなで私は一日早く解放されたのですが、これで遅れてしまった「皐月賞」の事に触れておきます。
結局は「ディープインパクト」産駒が3着までを独占、4着と5着が「キングカメハメハ」産駒という結果になりましたが、「ディープインパクト」産駒は「皐月賞」初勝利となりました。
今年の秋からと来年度の海外挑戦は、ちょっと期待できそうな馬が沢山おりますので本当に楽しみなのですが、国内ではG1「天皇賞」が5月1日に行われますし、同日の香港では「チャンピオンズマイル」が行われ「モーリス」が参戦です。
毎週のように珈琲を飲むのも忙しいのですが、今年は「ドバイワールドカップデー」でも美味しい珈琲が飲めましたし、今週末の国内も香港も楽しみですが、そろそろ珈琲豆も夏バージョンの豆を用意しての対応です。
ホットコーヒーは爽やかな酸味のライトな珈琲豆と、ビシッと苦味のきいたアイス用のブレンドが人気です。
「ゴールデンウイーク」前には準備を終わらせ、「天皇賞」から始まる6週連続G1に備えるのですが、前半期のクライマックスはとても忙しいものになりますし、今年はアメリカの三冠レースに駒を進めた「ラニ」にも期待しています。
他にも海外競馬はイギリスでは4月30日の「2,000ギニー」から6月4日「ダービー」までに6つのG1が組まれていますし、アイルランドは5月21日の「2,000ギニー」からクラシックがスタート、フランスでも5月15日の「2,000ギニー」からとなっており、毎週目が離せない時期が6月一杯まで続くのです。
私の競馬も46年目、いろいろな夢を見させてもらったのですが、やはり日本馬の「凱旋門賞」優勝だけは生きているうちに達成して欲しいと思っています。
 今年の「天皇賞・春」は「ゴールドアクター」・「キタサンブラック」・「サウンズオブアース」の3頭が中心と考えていますが、「阪神大賞典」の1、2着馬の「シュヴァルグラン」と「タンタアレグリア」も面白い存在だと考えています。
G1レースの的中は本当に難しいもので苦い珈琲になることが多いのですが、今年の「天皇賞・春」は美味しい珈琲でありますように!楽しみです。