JUGEMテーマ:競馬

 「凱旋門賞」が行われるフランス・パリの「ロンシャン競馬場」改築工事は、やっとゴーサインが出るようです。
赤字などで4年間も先延ばしされていたのですが、カタール競馬&馬術クラブ(Qatar Racing and Equestrian Club)の資金援助で実現する運びになったようで、今年が現在の「ロンシャン」で行われる最後の「凱旋門賞」になって、終了後に21か月間のお休みに突入します。

総工費1億3,000万ユーロという工事費で、2年近くもお休みするのですから、楽しみでもあります。
私も何度かは「ロンシャン競馬場」へ行きましたし、大好きな競馬場でもありましたので寂しさもありますが、パリ市は2024年のオリンピック開催地への立候補も予定されており、フランスの希望を背負っているようです。

 今年の「ケンタッキーダービー」(5月2日)は1番人気の「アメリカンフェイロー」が順調に勝って、2冠目の「プリークネスS」(5月16日)も逃げ切り勝利で、残るは6月6日の「ベルモントS」で3冠達成を狙います。
これは78年の「アファームド」以来の3冠馬誕生なるかということで、アメリカ中いや世界中が注目しています。
こちらも楽しみです。