JUGEMテーマ:旅行

 私たちの夏休みはほぼ1ヶ月みんな一緒に取る訳ではないので、事務局にも研究室にも誰かはいるのですが、実は海外旅行も結構行っているのです。
もちろん、飛行機が嫌だという人もいますので全員ではないのですが、私と「翔」さんと「賢」さんは何度か出かけていますし、最近は世界中どこでもインターネットにアクセスできますので、みんなとの連絡も取りやすく困ることがありません。
このインターネットの事についてはいろいろと方法がありますので、別に詳しく特集を組みたいと思います。
今回は「ベルギー王国」について書くのですが、EU加盟国であるこの国は19世紀にネーデルランド連合王国から独立した国で、日本の「四国」ほどの小さな国です。
ビール・ワッフル・チョコレートなどで有名ですが、フランス料理によく似たワロン料理と、フランス料理をベースに独自発展したフランドル料理があって、とても安くて美味しいのが特徴です。
また、ベルギーでは野兎・ウズラ・キジ・カモ・シカ・イノシシなどジビエ料理が食べられます。
 今回はベルギー最古の街「トゥルネー」、ロマネスク様式の建築物が沢山あってきれいなところです。
人口7万人の小さな街で、ブリュッセルから1時間ちょっとで行けますので訪れてみて下さい。
鐘楼・ノートルダム大聖堂(世界遺産)・聖クインティヌス教会・聖ブリス教会・トル橋など見どころ満載です。

 観光局ではチョコレート工場の見学プログラムも用意されていますので、是非、参加してみて下さい。
このノートルダム大聖堂は月夜の晩(深夜近く)に見学に行ってみて下さい。素晴らしいですよ。
ホテルはできるだけ「グランプラス」に近いところを予約しておけば何かと便利です。
ヨーロッパの田舎町には都会にはない良さが沢山ありますし、自分で歩いていろいろと探索すのも楽しみの一つですし、その地方独特の料理にも巡り会えます。
さらに、その街にしかないビールが飲めるのもベルギーのもっとも大切な楽しみでもあります。
近くには「モンス」という大きな街もありますので立ち寄ってみて下さい。

 さてこの「トゥルネ―」にも素晴らしく美味しい地ビールがあります。
その名も「トゥルネー・ノエル」(カズ―醸造所)と言ってアルコール度数8.2%で、濃厚な味のビールで絶対的な街の人気ものです。
ラベルに描かれている橋は「トル橋」と言って頂上からの眺めもいいですし、レストランもありますのでこちらも立ち寄ってみて下さい。

  

 私たちのヨーロッパ旅行は往復の航空券とレイルパスを持っての気ままな旅なので、ハプニングも多いのですが、各国で使えるポケットルーターを持って、タブレットやモバイルPCでホテルは前日に予約を入れたり、当日に予約を入れたりでも結構大丈夫です。
好きな街で降りて好きなように旅行するのが好きです。