JUGEMテーマ:旅行

 観光でも競馬観戦でもヨーロッパ自由旅行には、いろいろと手作りのコツが必要です。
「凱旋門賞」等の観戦ツアーはありますが、「ドイツ」にも行きたい、「スイス」にもとあれもこれも予定するとちょうどいいツアーは見つからないものです。
私は10年以上も、事務局や研究室の社員旅行や出張のお手伝いをして参りましたので、今回の「ヨーロッパ旅行」の航空券もすべて私が予約しました。
安く行く方法は「格安航空券」と「レイルパス」を上手に使う事です。
最初に「航空券」ですが、ヨーロッパで複数の国を旅行する場合は周る順が大切です。

 西ヨーロッパを対象に説明しますが、「フランス」⇒「スイス」⇒「イタリア」⇒「ドイツ」と周る予定なら「ドイツ・フランクフルト」から入って「フランス」⇒「スイス」⇒「イタリア・ローマ」が楽です。
逆のコースでもいいのですが、帰りは「イタリア・ローマ」から成田へ帰ってくるのです。
「フランス」の場合は市内までの距離が遠く、非常に不便で「フランクフルト」は「国際列車」直接空港駅から出ていますので便利で、しかも市内までも近いです。
しかも、この時期(7月上旬まで)104,000円から156,000円前後で直行便での航空券があります。
以前、「デンマーク」⇒「ドイツ」⇒「オーストリア」⇒「イタリア」⇒「スイス」⇒「フランス」⇒「ベルギー」⇒「オランダ」と周遊したことがあるのですが、45日間の長旅でしたが彼女と2人でとても楽しかったです。
「スカンジナビア航空」直行便11時間25分ほどで「デンマーク・コペンハーゲン」へ、それから「ユーレイル・グローバル・パス・セーバー」(2か月279,800円)で鉄道利用、帰りは「オランダ・アムステルダム」から「デンマーク・コペンハーゲン」1時間25分、乗り換え時間4時間で「成田」へ10時間50分ほどで到着です。
航空券は1人130,000円弱でしたので、食事と宿泊代も含め2人で180万円ぐらいでした。
 今回の旅行は最長21日間で組み、14日間から21日間の周遊となりますが、「龍」と「創」さんは全く違うコースを取りました。
「フランス・パリ」の競馬観戦だけは合流したようですが、「龍」さんは「スイス・チューリッヒ」からスタートして、「イタリア」、「フランス」、「イギリス」と周って16日間の予定でした。
「スペイン」も行きたかったようですが、家族5人での旅行でしたので日程を短くしてユックリと旅行を楽しんだようです。
今回は「ユーレイル・パス」が大活躍でしたが、あまり移動しない滞在型の旅行なら移動する時に合わせて安い鉄道切符を購入した方が、お得な場合が多いです。
 宿泊は主要駅に近いほど料金が高くなりますので、地下鉄や路面電車に乗って観光する建物がある地域に宿泊すると便利です。
今はパソコンやモバイル端末でホテルも簡単に検索できますので、予算に合った宿を探してみて下さい。
 その他に必要なのは7インチか10インチのタブレットか、2Kg以下の11インチから13.3インチのノートPCがあれば非常に便利です。
今回の旅行で大活躍したのは、「ヨーロッパデーター通信サービス」のポケットルーターとGoogle「Nexus7」とASUS「ASUS VivoBook U38N」でした。

 スタッフのみなさんとの連絡は「Skype」で取りあいましたし、夜間ならホテルの高速ネットにアクセスできますので、予約なども簡単で「トリップアドバイザー」でスイスイと便利でした。
みなさんも国内も国外も含め、おおいに旅を楽しんでみて下さい。