JUGEMテーマ:旅行

 今回は「イタリア」を取り上げますが、主な競馬場が4か所と広範囲に散ってありますので、全部の競馬場を巡るのはちょっと難しいです。
でも、果敢に挑戦したいという方はナポリ「アニャーノ競馬場」⇒ローマ「カパンネッレ競馬場」⇒フィレンツェ「カッシーネ競馬場」⇒ミラノ「サンシーロ競馬場」という順で南から北へ移動して観るか、その逆で巡るかで可能なのです。
ローマだけは1月の開催がありますが、他の競馬場は3月以降に開催が予定されています。
現在のイタリアでは経済不安はあるものの、鉄道は整備され高速化されていますので、ナポリからミラノ間(フレッチャロッサ)でも4時間30分前後で移動できますので便利です。
これに比べると、飛行機はちょっと時間が遅れるしサービスも悪く、非常にストレスが溜まってしまいますので、注意が必要ですよ。
お勧めは4月から5月なら「ローマ」、6月なら「ミラノ大賞典」が行われる「ミラノ」です。
今回は「ミラノ」も「サンシーロ競馬場」を取り上げます。
かなり大きな競馬場で、8の字型の右回りで1周3,200m、直線が外コース900mで内コースが700mもあります。
イタリアの名馬(16戦全勝、凱旋門賞2年連続優勝)リボーはこの競馬場で12勝したそうで、ステイヤー向きのコースのようです。

 ファッションの都として有名な「ミラノ」ですが、「ミラノ大聖堂」や「レオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館」、また、ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」が飾られている「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」など見どころタップリです。

  

 宿泊は市内にも沢山のホテルがありますが、できればミラノ近郊にある「コモ湖」周辺や「マッジョーレ湖」周辺は最高にいいところです。
「コモ湖」では「ホテル・ラ・ぺルラ」、「マッジョーレ湖」では「ホテル・ピローニ」がお勧めです。
他にも湖畔に立てられた素敵なホテルが沢山ありますので、美味しい料理とともに楽しいバカンスを楽しむことが出来ます。