JUGEMテーマ:競馬

 なんか久しぶりな「駿」のブログ更新なのですが、最近の研究室メンバーはパソコンよりスマホやタブレットで馬券を購入することが多くなりました。
持ち運びが便利になったことや、クアッドコアやオクタコアでサクサクと動くようになったスマホやタブレットは本当に便利になりました。

スマホもタブレットも新製品が続々登場する中、「iPhone」シリーズ、「Xperia」シリーズ、「Galaxy」シリーズの3強に、「ZenFone」シリーズや「Nexus」シリーズが食い込んで市場は混乱状態に突入です。

私達「研究室」のメンバーも「iPhone」派・「Xperia」派・「ZenFone」と「Nexus」派の三つ巴になっており、料金的な部分では「iPhone」派が苦しく、「ZenFone」と「Nexus」派が有利なようです。
今後は「Xperia」の新製品「Xperia Z4」とやっと発売された「ZenFone 2」に注目が集まっています。

「ZenFone 2」には4GBメモリー搭載モデルがあってインテルの「Atom Z3580」採用して、64BitOSの使用が可能になりましたし、メインカメラの画素数が1300万画素、サブカメラの画素数が500万画素とカメラも魅力的になりました。
液晶サイズは5.5インチのCorning社の「Gorilla Glass 3」でフルHDと文句無しの製品です。
このくらいのスペックなら、あえてタブレットは必要ないぐらいで助かります。

 

一方の「Xperia Z4」は価格が高くてもプロセッサー2.0GHz(クアッドコア)+1.5GHz(クアッドコア)のオクタコアで、もちろん64BitOSが使えます。
使
い易さが良くなるばかりではなく、カメラやオーディオだって他社には負けないくらいハイスペックですから、画質面でも4Kに完全対応、弱かったフロントカ
メラも強化され、本体でハイレゾ再生ができるようになり、LDAC対応のヘッドフォンでワイヤレスでハイレゾが聴けるのです。

 

みなさんも迷うところでしょうが、「ZenFone 2」は実用的で、「Xperia Z4」は遊び心一杯でどちらも魅力的で、競馬シーンにもぴったりです。
タブレットも特集したかったのですが、いろいろな新製品が出そろう夏以降に書きます。