JUGEMテーマ:競馬

 日本の春と言えば「桜」ですが、ソメイヨシノは3月下旬からが関東の見ごろ、しかし一足先に見ごろを迎えるのが河津桜です。

「河津桜」の名所と言えばその名の通り伊豆の河津町、ゆっくりと菜の花と一緒に楽しめるし温泉もあってノンビリと2泊3日ぐらいで旅行したいものです。

 

「河津桜」はその他にも「茅ヶ崎市の小出川桜まつり」(2月19日~3月5日)は富士山とともに楽しめますし、「松田町のまつだ桜まつり」(2月11日~3月12日)も富士山と菜の花と一緒に楽しめます。

また、「三重県桑名市 なばなの里」や「千葉県鋸南町 保田川頼朝桜」や「大分県四浦半島」でも「河津桜」が楽しめます。

 

私達も4年毎に河津駅や近隣の温泉宿に泊って楽しむのですが、今年の「河津桜まつり」は2月10日~3月10日です。

今年は開花が早くて15日頃には見ごろを迎えそうですし、18日あたりがチャンスかもしれません。

 

 

(写真は「河津桜まつり」のホームページから拝借したものです。)

 

夜はライトアップされてさらに綺麗ですので、昼も夜も楽しめます。

もちろん近隣の宿に泊ればいろいろと楽しめますし、西伊豆まで足を延ばしてみるのもまた良いものですが、湯河原や熱海に宿を取ればどちらも梅の花も見られます。

「湯河原梅林 梅の宴」(2月4日~3月12日)と「熱海梅園梅まつり」(1月7日~3月5日)、とても見事なものですがこの時期は温泉もユックリと浸かってノンビリとしたいものです。

 

伊豆の宿はWi-Fiの設備が整っていますので、土日はスマホとタブレットで競馬が楽しめます。

2月11日はG3「クイーンC」、12日はG3「共同通信杯」・G2「京都記念」、18日はG3「ダイヤモンドS」・G3「京都牝馬S」、19日はダートG1「フェブラリーS」・G3「小倉大賞典」、25日はG3「アーリントンC」、26日はG2「中山記念」・G3「阪急杯」などが行われますので、桜・梅・温泉・競馬、そして美味しい食事と5つの楽しみがフル回転です。

 

お花見は家族でも楽しいものですが、結構歩くのでほど良い運動にもなりますし、お年寄りや子供にとってもうれしいものです。