JUGEMテーマ:Coffee

 コロナ禍で私達の生活は大きく変化しましたが、巣ごもり生活で興味を持ったのは「珈琲&紅茶」です。

僕の場合は2019年春に目黒の「STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO」や「Blue Bottle Coffee青山店」に行ったことで、色々な珈琲が楽しめる事を覚えました。

紅茶も同じようにカフェに行ったことがキッカケとなったのですが、紅茶がこんなに美味しい飲み物であるという事を知ったのです。

 

父が紅茶の好きな母のために用意した良質の茶葉が、自宅でも飲めることが分かったのもつい最近なのです。

いつも珈琲が好きなので紅茶を飲むことは少なかったのですが、最近は時々飲んでいます。

珈琲で衝撃的だったのは「堀口珈琲」さんと「丸山珈琲」さん、父から教えて貰ったのですがシングルオリジンの特別な珈琲には、本当に驚かされました。

 

 

どちらもブレンド珈琲だけでも数種類用意されていますし、バランス的に考えるとブレンドの方が美味しいのですが、シングルオリジンはワインの様に香りや酸味を楽しめますので、違った楽しみ方ができとても面白いと思っています。

 

1990年創業の「堀口珈琲」さんは小田急線の千歳船橋にある店舗でもう30年を超えましたが、1991年創業の「丸山珈琲」さんも30年を超えましたし、軽井沢で喫茶店からスタートしたようです。

ブレンド派の父は時々東京へ行ったりした時は、珈琲豆を購入してくるのですが、以前は殆どがブレンドでした。

私が興味を持つようになってからは、シングルオリジンが多くなって、家族で一緒に楽しんでいます。

 

最近はオンラインでちょくちょく購入していますが、珈琲器具も8種類くらいになって毎日驚きの連続です。

シングルオリジンはこれまで35種類くらい試していますが、ワインみたいな珈琲もあって楽しいですが、この2年間懸命にレシピを記入して淹れ方を覚えています。

 

同じ地区で栽培されているエチオピアでも、ナチュラルとウォッシュでも香りも味も違いますので、もう頭が混乱してしまいます。

現在はアラビカ種が主流だと分かっているのですが、エチオピア原産の品質の高い珈琲で200種類もの品種が派生しており、人気のゲイシャ種や最近注目されるようになったウシュウシュ種などもそうです。