JUGEMテーマ:競馬

 なんかコロナ禍での対策ももうまん延防止策も取っ払われたとたんに、感染者数が増えてきていますし、まだ死亡者も100人前後の方が亡くなっています。

私もコロナ感染で親友を亡くしておりますが、最後は会う事もできなくスマホで話したのがお別れでした。

 

また二人で「日本ダービー」を観戦に行く約束だったのに、本当に残念でした。

以前、親友とはお互い夫婦で「凱旋門賞」の観戦に行ったことがあり、2週間イギリス・フランス・スイス・ベルギー・オランダと列車とレンタカーで旅行したのですが、毎日クタクタになるくらい歩いて観光したのは思い出に残っています。

 

親友はこの時のコロナで御両親も一緒に亡くなりましたので、最後は話すこともお別れを言う事も出来なかったのです。

一昨日も感染者はまた増えて55,000人を超えましたので、本当にもう大変ですが、このままで大丈夫なはずはないと思っています。

確かに亡くなる方の多くはお年寄りが多いのですが、子供や若い人達が亡くなるケースも増えていますし、このままで良いのでしょうか?

 

私も妻も今年65歳になりますので年金生活に入りますが、まだもう少し残された人生を楽しみたいと思っています。

たまたま研究室は2020年の3月には入室禁止になって土日は「リモートワーク形式」で皆で連絡取るようになって、コロナ対策も十分に取られたので、自宅で巣ごもり状態になりました。

 

ワクチンも遅めに打って、3回目はまだ接種券が届いてないのですが、そろそろ来ると思っています。

「シゲ」さんも昨年から年金を貰っていますが、最初の予定では70歳からにしてと思っていたようで、私も同じくコロナで考えが変わりました。

 

これから雇用保険も社会保険も上がる訳ですが、これからは本当に大変なので、海外からの労働力や頭脳の受け入れを真剣に考えなくてはならないようになっていますし、国の運営システムを根底から見直す時期に来ているように感じています。

コロナもこのままなら年内に撲滅する事などと到底不可能で、来年も尾を引きそうな感じがしますし、風邪やインフルエンザと違って、変異するのが早すぎます。

 

結核菌がいい例なのですが、初めて発見されたのは1882年3月、実際にはもっと古くからあったものでユックリと変異しており、近年では抗生物質が効かない結核菌も見つかっております。

ところがコロナウイルスの変異は非常に早いので、開発したワクチンが役に立たない事も考えられますし、2度目の感染や3度目もありますので、油断できないウイルスなのです。

 

もう少し安心して外の空気が吸えるようにして欲しいものですが、親友のこともあって今では完全に巣ごもりになっています。