JUGEMテーマ:競馬

 今年の「凱旋門賞」は100回記念でどうしても応援に行きたい理由はもちろん日本馬の応援なのですが、今年の1番人気になりそうな「スノーフォール」はディープインパクト産駒、日本で生まれました馬ですから、日本産馬でアイルランド調教馬となります。

もう来年がラストクロップですから、少なくなったディープインパクト産駒の最後のチャンスになるかもしれないのですが、応援だけでなく走る姿も見てみたい気がします。

欧州オークス三冠のあの強さを見せられては、もう我慢ができません是非観戦に行きたいと思ってしまいます。

 

 

それに欧州の観光地も人が少ないので、欧州各地を回るのもいいかもしれないですし、十分に対策を取れば旅行は可能だと思いますし、言葉の問題はスマホがあればすべて解決です。

72時間以内のPCR検査の陰性証明書(欧州ではスマホで受け取れます)があればOKですし、ワクチン接種が終わっていて証明書があれば検査不要ですから、欧州の殆どで旅行が可能です。

 

「凱旋門賞」を観るためには9月29日~30日にはフライトしなければいけないのですが、欧州のどの都市を起点として旅行するかによって料金が違ってきます。

料金は片道の運賃ですが、帰りも成田か羽田で同じくらいの料金ですので参考にしてください。(9月3日調べです)

「フランス・パリ」(エミレーツ60,280円・カタール49,923円)

「イタリア・ミラノ/ローマ」(エミレーツ59,480/59,080円・カタール45,980/52,280円・シンガポール62,420/62,610円)

「ドイツ・フランクフルト」(エミレーツ55,880円・カタール44,780円・シンガポール62,420円)

「イギリス・ロンドン」(エミレーツ57,980円・カタール44,280円・カタール58,930円)

「オランダ・アムステルダム」(エミレーツ56,960円・カタール47,249円)

「トルコ・イスタンブール」(エミレーツ63,080円・カタール53,980円)

「スペイン・マドリッド/バルセロナ」(エミレーツ56,180/57,580円・カタール50,854/44,180円)

 

その他の旅行先はLCC等を利用すればとても安価に旅行できますので、参考にしてください。

カタールの4万円台の都市を起点にすれば帰りも楽々、安くて美味しものが沢山食べられます。

「イギリス・ロンドン」(市内まで30分)・「ドイツ・フランクフルト」(市内まで15分)・「イタリア・ミラノ」(市内まで1時間)・「オランダ・アムステルダム」(18分)・「スペイン・バルセロナ」(市内まで33分)等は穴場ですが、市内までの時間を考えると、「ドイツ・フランクフルト」と「オランダ・アムステルダム」が便利です。

 

「ライアンエアー」・「easyJet」・「ユーロウイングス」が安く、5,000円以内で彼方此方と飛べるのが最高です。

電車での旅もノンビリしていて最高に便利ですが、航空運賃より鉄道料金が高いケースが多いので、組み合わせて旅行するのが1番です。

特急でも日によっては安いチケットもありますので、探してみて下さい。

私の場合は旅行もリュック一つですからどこへ行くにも楽々、どうしても正装が必要な時はジャケットを購入するか借りるかですし、使わなくなったら古着屋さんに売るか配達日指定でホテルに送るかです。

 

できるだけ交通費を安くして、食事やホテルをグレードアップしていますが、最近は一人旅が多いのでホテルの使い方も慣れたもので、安くて快適なところを探し出せるようにスマホアプリを駆使しています。

予約もすべてアプリでできますのでとても便利ですし、スマホで電子決済も可能ですので、常にインターネットに接続できる環境が必要です。