JUGEMテーマ:競馬

 先日、息子と叔父の3人で箱根に行ってきましたが、十国峠からと箱根駒ヶ岳から見えた「富士山」の幻想的な姿に感動しました。

 

 こんな「富士山」もいいものです。
もう72歳になる叔父は初めて見た幻想的な富士山に感動していました。
もちろん私も初めての経験、こんな「富士山」も素敵です。

 さていよいよ、今週末は「ゴールドシップ」・「ジャスタウエイ」・「ハープスター」の3頭が出走する「凱旋門賞」ですが、昨日は研究室でみんなと一緒に乾杯をしながら話しました。
話は尽きることがなく、珍しく4時間も話し込んでしまいました。
途中、事務局のメンバーも加わって一気に盛り上がりましたので早めに退散しましたが、みんなの気持ちは一つです。

「ゴールドシップ」の課題はスタートだけで、「札幌記念」のように後ろからでは厳しいのが「凱旋門賞」なのです。

「ジャスタウェイ」の課題は距離だけで、洋芝も馬場が重くなっても大丈夫と思っています。

「ハープスター」の場合は重量も有利だし距離も問題なしですが、やはり後方からの競馬では苦しくなりそうです。

日本馬以外では「タグルーダ」が1番手とみているのですが、追加登録で「タペストリー」が参戦するかもしれないという事です。
もし本当なら最大の強敵となると思いますが、勝つのは日本馬と信じて応援したいです。