JUGEMテーマ:趣味

 今回は29年度に新しく特A米に指定された、宮城の「だて正夢」と山形の「雪若丸」を取り上げます。

 

 

 

●「だて正夢」は「ササニシキ」や「ひとめぼれ」でもお馴染みですが、宮城県のお米で2001年から宮城県古川農業試験場で育成を開始して、2017年に販売を開始しました。

モチモチした食感に強い粘りが特徴でとても美味しいお米です。

 

●「雪若丸」はこれまでやはり特A米「つや姫」でお馴染みの山形のお米、鶴岡市にある農業総合研究センター水田農業試験場で育成され、米粒のしっかりした炊きあがりであっさりとした味わいが特色のお米で、とても美味しいです。

 

どちらも新しい特A米としてこれから定着するのでしょうが、急激な温暖化によって高温障害との戦いが大きな問題となった事から、お米の生産は大きく変化しています。

したがって沢山の特A米が育成されて、ブランド米の戦国時代に突入した訳です。

 

日本のお米の美味しさは特別なのですが、炊く時の水加減も非常に難しくなっていますので、しっかりとした炊き方を勉強する必要があります。

それに価格も高いお米が多くなっていることも心配なのですが、できるだけ安くて美味しいお米を提供して欲しいものです。