JUGEMテーマ:競馬

 みなさ~ん!お久しぶりです。
昨年の12月23日が最後ですので4か月ぶりですが、いろいろと忙しくて家内の仕事手伝ったり、主夫をしてみたり子供たちと買い物に出かけたりと駆けずり回っていました。
子供たちはまだ小さいのですが家にはちょっと広めの畑もあって、家内も野菜や花を育てたりで凄く元気にしており、子供たちも生き生きとしています。
私の場合は土日は出来るだけ自宅にいますので、競馬は殆ど自宅でテレビ観戦ですし、先週からのデータの入れ替え作業と「Room365」へ引っ越しでは久々に研究室に顔を出しましたが、基本的には自宅でいろいろと家内の会社の手伝いをしたり、競馬データの分析も自宅でが多いのです。
研究室から解放されノンビリと好きな事をして毎日を過ごしているのですが、毎日規則正しい生活を心がけています。
私ももう50歳、競馬もメインレースの通常買いで辛うじてプラスしていますので、「勝ち逃げ」のデータ分析に多くの時間を使っています。
それでも今年のライブG1には2度参加させていただいており楽しんでいますが、今回の「天皇賞・春」もライブ競馬でと考えています。
非常に大荒れとなる「天皇賞・春」、「ゴールドアクター」を中心に考えていますが、「サウンズオブアース」と「キタサンブラック」などが上位でこの3頭は前走休み明けで、それぞれ日経賞1着・同2着・大阪杯2着と健闘しているように、休み明け2戦目となる今回はさらに上昇してくる筈です。
昨年このレース2着の「フェイムゲーム」も、海外遠征後の復帰戦「ダイヤモンドS」で2着してさらに上昇が見込めるし、「阪神大賞典」の「シュヴァルグラン」や「ダイヤモンドS」の「トゥインクル」もチャンスがありそうですが、距離が長いだけに人気薄の馬が絡んで3連単10万馬券も可能性もあります。
私も最近は「メインレース情報」で結構稼いでいますが、私の場合は少しでも迷いがあればボックス買いでというのと、「馬連又は馬単」と「3連複又は3連単」の組み合わせで振り分けることが多いです。
また、今開催から「通常買い」(メインレース情報のみ)の研究グループに入り、資金の上手な振り分け法を模索する予定ですので、そちらの記事も紹介していきたいと思っております。