JUGEMテーマ:競馬

 「Win5」を的中させることは本当に難しいもので、簡単に出来ないものです。

最初に16年7月3日を検証してみましょう。

①中京10R04・01・06・09⇔1着9番

②福島10R05・03・11・02⇔1着5番

③函館11R10・06・09⇔1着10番

④中京11R02・05・11⇔1着11番

⑤福島11R16・01・03⇔1着1番

合計432点⇔1,244,400円的中

 

この後の7月10日にも1,638,030円を324点で的中させたのですが、16年は56回のチャンスがあって平均368点購入です。

これですと1年間で合計2,060,800円となって、この2週連続の的中で3,395,200円となりますので、2度の的中で年間プラスが確定してしまったのですが、この年はこの他に4度の的中があり大きくプラスになったのです。

 

毎年、Pランク6頭の中で決まる「Win5」は8レース~12レース前後ありますが、どうしても4レースぐらいは外してしまいますので、的中は平均8レース前後となります。

それでも年間プラスは維持できているように、非常に無理のない購入をしていると言えます。

 

昨年も夏まで成績が悪かったのですが、後半で大きくプラスにしましたし、コツも覚えて上手になったと思います。

400万を超える配当も有ったりしたのですが、消し馬をミスって的中できなかったのに、その後の的中で見事プラスで終了しました。

最近は軸の堅いレースでも1頭ではなく2頭から3頭は選ぶようにしていますので的中が多くなったようで、堅い馬同士では大きな配当を望めないのです。

 

Pランクの使い方をよく研究して選ぶ馬を決められるようになって下さい。

もうこれは経験値と勝馬を選べる能力を身につけるしかないのですが、時間をかけてゆっくりと勉強する事が大切ですので、次回は少しその辺に触れてみたいと思っています。