JUGEMテーマ:競馬

 今年はこの夏に「勝ち逃げ」のファクターが大きく改正されたこともあって、「馬単」でも万馬券が的中することが多くなりました。
みなさんから「これまでのイメージから驚いています」とか、「凄い配当です」などのメールをいただくのですが、配当による大小は実際のプラスにはあまり反映されないものです。

「勝ち逃げ」では1点で購入できて的中できるなら、どんな配当よりもプラスが大きくなるものですが、購入点数が少ないほどマイナスなるリスクは大きくなります。
したがって、「勝ち逃げ」では購入点数よりも、配当の大小よりも的中率を上げることが最大の課題になっています。

私は今でも「馬連」での「勝ち逃げ」に拘りがあるのですが、「中本」さんも全く同じ意見なので北海道出身の二人が奇しくも「馬連派」、その他の研究室仲間は「馬単派」、事務局のスタッフさんは「3連複派」と「3連単派」が半々なのです。
徐々にですが「3連複」も「3連単」も持ち直してきていますので、これからが楽しみなのですが、大きな配当が的中すると歓声が上がりますから、本当に万馬券は誰にとっても魅力的なのでしょう。

こんな感じで好きな「勝ち逃げ」の購入システム、それぞれの思いが込められて購入が決められているので、全員が同じ購入をしている訳ではなくプラス、マイナスもそれぞれ違っているのです。
したがって、今年はマイナスしているスタッフも多いのですが、みんなじっと耐えていますし、後半に向けて資金の組み合わせを変更したり、「メインレース」も資金を多めにしたりして対応しています。

みなさんも今一度、購入資金の組み替えを考えてみて下さい。