JUGEMテーマ:競馬

 今年は「勝ち逃げ」の成績が悪いのですが、「道産子」は「雨にも負けず、風にも負けず」精神で何とか「馬単」と「馬連」が勝負なので、何とかプラスで前半戦を折り返しました。
他では「馬五郎」さんのおかげで「メインレース」勝負は、納得できる成績で折り返しが出来ました。
勝負の世界は厳しいもので、昨年良かったからということで今年もという訳にはいかないようですが、「馬五郎」は何度も経験していますし、蟻地獄に嵌りこんだこともあるので、自分のペースだけは守っています。
時間をタップリかけても、短くても成績にはつながらないものですが、苦しい思いをした分多少は判断力があるようです。

 「函館」時代は子供らに囲まれてそれなりに幸せだったし、「秦野」に来てからは娘と一緒に生活できて好きな競馬が出来ての素晴らしい日々、このまま終わらないで欲しいです。
あの寒い「函館」では本当につらい時期もありましたが、ボロ雑巾のように働いて子供たちを育ててきましたので、現在の生活は「ご褒美」と思っています。
9月か10月には恐怖の「カミさん」が転入してきますので、これからはノンビリ競馬が出来なくなってしまいそうですが、いろんな面で安心感はありますし我慢するしかないようです。
何しろ仕事大好き人間、こちらに来てもじっとしているタイプではないので、あれこれと仕事を始めるでしょう。困ったものです。(笑)

 今日は「メインレース」の事についても書いてみたいと思います。
「パドック」や「返し馬」のチェックは少しづつですが、診方が分かってきましたし、最近は「ボス」も研究室に居ることが多いのでいろいろと教えて貰っています。
まだ、自分一人では決定的な部分は決められず、「吾郎」さんに頼ってしまうのですが、昨年度よりは進歩して、軸も決められるようになりましたし、相手も絞れるようになりました。
メモを取って覚えるようにして、みなさんもやってみて下さい。
努力をすれば沢山の事が理解できるようになりますが、例外的な事も多いのでしっかり勉強しなければなりません。
数学や物理のようでもあるし、特異なミステリー小説でも読んでいるような感じもしますし、取り組んでみると本当に面白い物です。
毎日、好きな事をやっていますので、それこそストレスが溜まったりすることはないのですが、ギャンブルですからゾクゾクする様なプレッシャーはあるもので、胃が痛くなることもあって不思議な感じです。
「メインレース」は準オープンクラス以上のレースなら十分に情報も得られますし、みなさんのこれからの「競馬ライフ」に大きく関わってくる部分ですので、気を引き締めて勉強してみて下さい。
決して「パドック」も「返し馬」もチェックしないで馬券を購入してはいけません。