JUGEMテーマ:競馬

 今日は海外競馬の「Pランク」、オーストラリア・フレミントントン競馬場(メルボルン)で行われるG1「メルボルンカップ」(芝3200m)です。

日本の「天皇賞・春」と同じ距離で行われるロングレースですが、2006年には「デルタブルース」と「ポップロック」がワンツーフィニッシュしており、日本馬が大活躍した国際レースです。

 

今回も「チェスナットコート」(父ハーツクライ・天皇賞春5着)が参戦していますが、前哨戦の「コーフィールドカップ」(芝2400m)で13着といいところが無かったですが、今回は休み明け2戦目ですので、チャンスはゼロではないと思っています。

 

◎メルボルンカップ・13:00発走:11・03・23・05・01・02⇒結果23-0-0

11番「ユカタン」(愛牡4歳・父Galileo)G2「ハーバートパワーS」の優勝馬

03番「マジックサークル」(英セ6歳・父Makfi)3250mG3「ヘンリー2世S」の優勝馬

23番「クロスカウンター」(英セ3歳・父Teofilo)G3「ゴードンS」の優勝馬

05番「ムンハター」(英セ5歳・父Dansili)G2「プリンセスオブウェールズS」4着

01番「ベストソリューション」(英牡4歳・父Kodiac)G1「コーフィールドC」の優勝馬・G1で3連勝中

02番「ザクリフスオブモハー」(愛牡4歳・父Galileo)G1「コーフィールドC」」3着

 

超の付く平坦コースで、直線1200mのある1周2312mの洋梨の形をしたコースです。

実はこの11月3日・6日・8日・10日の4日間は「メルボルンカップカーニバル」といってヴィクトリアダービー・クラウンオークス・エミレーツS等10鞍のG1が行われますので、この週間はお祭りと同じです。

一度は行ってみたいと思っております。

 

 

レース後のコメント⇒残念ですが2着と3着が狂って外れでした。