JUGEMテーマ:競馬

 「皐月賞」はなんと伏兵「エポカドーロ」が優勝しましたが、これがオルフェーヴル産駒というおまけつきでした。

これで「桜花賞」はロードカナロア産駒の「アーモンドアイ」が勝ってますので、新種牡馬の1年目の活躍は素晴らしい結果となってこれからも楽しめそうです。

 

キングマンボ⇒キングカメハメハ⇒ロードカナロアのラインと、サンデーサイレンス⇒ステイゴールド⇒オルフェーヴルとしっかりと後継種牡馬が繋がった形になりましたので本当に良かったです。

一時期種付けが困難になったキングカメハメハもロードカナロアやルーラーシップが頑張ってくれていますし、15年に亡くなったステイゴールドもオルフェーヴルという後継馬を残してくれました。

 

キングカメハメハ産駒の活躍もディープインパクト産駒の活躍も、日本の競馬ファンは沢山見てきたのですが、厳しい見方をすると次の世代へというと、やはりキングカメハメハの方がサンデーサイレンス系の牝馬との配合が可能なので有利なのは理解できますが、同じサンデーサイレンス系でもステイゴールドの様にオルフェーヴルという後継種牡馬を残してくれように、血統とは非常に難しいものなのです。

 

今回は稍重でのハイペースなのに、人気馬が後から追い込んで届かなかった中山の特色が良く出た結果となりました。

これが東京競馬場なら違った結果になっていたのでしょうし、馬券もハズレて結果は本当に残念なのですが、納得できる結果であったと思います。

 

実は密かに「エポカドーロ」が、「ラッキーライラック」の桜花賞2着を取り戻してくれないかというドラマを期待をしていたのですから、本当にビックリです。

 

 馬券が取れなくてもなんとなく気分の良い「皐月賞」になったのですが、今日の雨で一人ボッチでのテレビ観戦いつものブレンドを3杯も飲んで応援しました。

また3着に入った「ジェネラーレウーノ」は、あのグラスワンダー⇒スクリーンヒーローと続く血脈だけにこれからも期待したいです。

 

また土曜日の障害でG1で5勝目の9連勝を飾った「オジュウチョウサン」の大差勝ちにも驚いてしまいましたが、こちらもステイゴールド産駒なのです。

 

最後は今日の15時と18時の富士山さんです。

素敵な帽子をカブってました。

 

  

 

きれいですね!

雨の次の日は空気が綺麗ですので、明日は河口湖へ行きたいものです。