JUGEMテーマ:競馬

 夜中に「シゲ」から「出来ちゃった婚」のメール、突然の知らせに驚いて一気に目が覚めてしまいました。
早速、お返しはメールではなく電話で夜中の3時にたたき起こして理由を聞きました。
なんと、夏休みの間に若者たちがよく行くお店の看板娘を誘って、北海道へ出かけたそうですが、意気投合して色々とあって「出来ちゃった婚」となったそうです。
「独身倶楽部」の戒律を自分で作っておきながら、自分で破るとは本当にどうしようもないのですが、もっと許せないのは相手が31歳も年下の26歳ということで、これはもう犯罪です。(・□・;)
「シゲ」さんのお母さん、娘と孫が一緒にできた気分だと言ってたそうです。
月曜日に病院に行って妊娠が分かったということで、昨日、役所に婚姻届を出したそうです。
「シゲ」さんは56歳になりますが、スポーツマン体型で10歳は若く見えますし、これまで独身を貫いてきたのですから、幸せになって欲しいですね?心から応援します。
お嫁さんは若くて綺麗な方で妹と二人姉妹、ご両親は事故で2年前に亡くなったそうで、披露宴は恥ずかしいので二人で写真屋さんで写真を撮っただけだそうです。
研究室でただ一人独身だった「シゲ」さんも、結婚できて本当に良かったです。
最近、研究室の下で見かけた女性は奥さんだったようで、てっきり介護の方と思っていましたが、「シゲ」さんもなかなかやるもんですね?皆さんもお祝いしてやってください。
研究室の皆は誰も知らないとのことで、こちらでのお知らせとなりました。

 これで独身は「中」さんだけですが、愛妻家だった彼は奥さんが亡くなってから再婚もしないで独身を通しています。
結婚は事務局でも「純」さんや「賢」さんが間近だそうですが、来年は結婚しそうだということです。

 震災後は色々とあって大変でしたが、原発の問題も解決しないまま時が流れています。
この国の政治家たちは日本の将来をどのように考えているのか、さらに停止している原発を稼働させる動きには驚いてしまいましたし、安全な国づくりがおろそかにされる理由が分からないです。
確かに偏西風の風下にある日本は、中国で原発事故があっても影響を受けるのですから世界中で原発を無くさないといけないのですが、危険区域にある原発は廃止しておくべきです。
色々と子供たちの将来が心配です。
友人がパースに住んでいますので、真面目にオーストラリア移住を考えた時期もありましたが、やはり日本が一番です。

 最後に競馬の話ですが、色々と問題のあった走行妨害の降着判断基準にメスが入れられることになりました。
簡単に言うと「妨害行為がなければ加害馬に先着できたか」を判断基準とする方向、世界基準に変更されるようです。
これで降着になるケースが減ることになりますので、私達も騎手も助かります。