JUGEMテーマ:競馬

 「皐月賞」は完敗、雨で緩かった馬場状態でのレコード決着に驚いてしまいましたが、デムーロ騎手の後ろからは届かないの判断で「リオンディーズ」は抜群のスタートを決め、3コーナー手前から結局掛かって逃げる形になっての、「皐月賞」レコード決着で5着に沈んでしまいました。
きっと騎乗馬の無かった「鹿野山特別」の1番人気「レントラー」惨敗の2,000mのレースから判断して、後ろからでは届かないと素晴らしいスタート切ってしまったのが裏目に出てしまったようです。
惨敗なのですがそれでも4着(降着で5着)でフィニッシュ、1着と2着が後方からの競馬で届いたもので決して弱かったのではありませんでしたし、「ダービー」では巻き返せるだけの能力は十分にあります。
「マカヒキ」は今回もメンバー中1頭だけ33秒台で上がりましたが届きませんでしたし、「サトノダイヤモンド」は早めに動いた分3着でしたが、勝った「ディーマジェスティ」は「共同通信杯」とおなじスタイルで勝ちました。
「ディープインパクト」産駒が勝てなかった「皐月賞」を初めて勝った訳ですが、タイムも優秀ですし「ダービー」でも期待できそうです。
 「皐月賞」は完敗でしたが、阪神のメイン「難波S」はG2「ローズS」で2着の実績から、勝つのはこの馬と「トーセンビクトリー」を軸に選んで大幅プラスでした。
土曜日にもう少しプラスがあったら軸を1着固定にしたのですが、馬場状態も心配でしたので大事に組み合わせました。
この馬場での時計としては優秀な時計でしたし、血統馬だけにこれからも楽しみな馬です。
「Win5」は「福島」のメインで外れてしまい残念ですが、なかなか的中は難しいものです。
いつもクラシックレースはやはり的中させたいという気持ちが強く、見ている側だけでなく馬に騎乗する騎手もミスを犯してしまうように、冷静な判断が必要です。
次開催は東京と京都に競馬場に移り開催替わりとなりますので、データの入れ替えが必要で最初の週は戸惑いもありますが通常通り情報の提供は行っていきますし、2週目にはもうG1「天皇賞春」がゲートインです。
次開催も「道大」さんと二人三脚でしっかりと勉強したいと思います。