JUGEMテーマ:競馬

 OB会や研究室の仲間達は最初のメンバーは3人(私・シゲ・中本)でスタートして競馬は程々に勝てるようになりましたが、きっと勉強時代に負けた金額を完全に取り戻すまでみんな20年以上も費やしたと思います。

ギャンブルの世界ですからそんなに簡単に儲けられないのが普通で、勝ったお金をパソコン事業につぎ込んで10年ぐらい懸命に働いたから、これまで競馬を楽しんでいられると思ってます。

 

でも今は3人ともパソコン事業からも引退して競馬を楽しみながら生活していますので、ストレスのないノンビリとした日々を過ごしているのですが、ちょくちょく昔の仲間から仕事も入ったりして時々はお手伝いをしています。

 

最近「Web競馬塾」で盛んに研究室のみなさんが競馬の勉強方法をみなさんに教えてますが、本当に私達の「勝ち逃げの原点」はこの2歳馬の研究から始まって成果を上げてきたのですから、できればみなさんにもチャレンジして欲しいと思っています。

もちろん、みなさん独自の方法もあるでしょうから無理にという訳ではないのですが、コツコツと努力が必要ですのでそれなりに成果は期待できるのは本当です。

 

これから3週間2歳馬によるG1や重賞が続いて、来年のクラシック候補が決まっていくのですが、6月から勉強をしてきたみなさんはきっとレイティングの順位がある程度決められているものだと思います。

こうして47年間も競馬に係わってきても分からないことが沢山ありますが、「勝ち逃げ」によって環境は大きく変化しましたしいろんな意味でこれからも人生の最後まで競馬を応援し、また楽しみたいと思っています。

 

 今日の「富士山」は6日朝6時16分のこの2枚です。

まだ暗いですが綺麗な富士山です。

 

 

 

 さてG1「阪神ジュベナイルF」は連勝中の馬と注目馬を取り上げてみます。

2勝馬は「ロックディタンス」・「ラッキーライラック」・「マウレア」・「リリーノーブル」・「マドモアゼル」・「レグルドール」と6頭に、1勝馬ではブエナビスタの娘「ソシアルクラブ」と「コーディエライト」も注目です。

 

勝馬は上位4頭の中からと思っていますが、「オルフェーヴル」産駒の2頭に期待をしています。

初年度産駒にはもう少し頑張って貰って、来年に繋いで欲しいと思っております。