JUGEMテーマ:競馬

 最近の成績の良さで改めて「勝ち逃げ」の良さを再認識していますが、負けず劣らずの成績を残している「メインレースの通常買い」の面白さも再認識しています。

私の場合はやっと「勝ち逃げ」の新しい研究が認められたというか、スタートラインから100m位は進んだように感じています。
というのは、現在の「勝ち逃げシステム」ならマイナスになる日が極端に減ることは、3年も前に分かっていたことなのですが、その頃はコースを増やす事へ「研究室」も「事務局」も進んでしまい、「ボス」が提唱する少数精鋭型のシステム構築に反対したメンバーが多かったこともあって、昨年の年頭から悪い結果が続いたのです。

それでも寡黙を貫いた「ボス」、我慢できなくなったのか11月に残り一開催になってみんなと話し合いをして「勝ち逃げ」の軸選択の担当を買ってでて、その一開催で大逆転を演じてしまいました。

それまでもいろいろな場面で私達を救ってきた「ボス」、最後にはしっかりと帳尻を合わせてきたのですから、あの馬券師魂は本当に素晴らしいものですし、展開の読みがピッタリと予測できるのも素晴らしい事だと思っています。

引退を決めたのも「勝ち逃げ」が本来の信頼を取り戻すことが、出来ると信じているからで決して投げ出したのではない事が証明されたのです。

資金さえあれば、誰でもできる「勝ち逃げ」は考える事もなく簡単にプラスができますので、みなさんには一番やって欲しい方法なのです。

 次に「メインレースの通常買い」はもう「ボス」と「吾郎」さんが、37年もかけて研究したシステムなのですが、「Pランク」と連動させて完成させた見事な方法なのです。

みなさんが思う様に勉強しなければいけない難しさが付いて回るのですが、時間と経験がそれを解決してくれますので、パドックや馬体重のチェックををして絞る事で大きくプラスに傾いていくことが手に取るように分かりますし、さらに時間がたてば無駄な馬券を買わなくても済むようになります。

一瞬の判断力が要求され、最初は難しいと思うのですが、意外なことに1年から2年が過ぎるころにはその一瞬の判断が出来るようになっているものですし、それを乗り越えてこそ競馬で勝てるようになります。

勉強してチャレンジしてみないと到達できない事なので努力は必要ですが、その価値は計り知れないものとなりますので、頑張ってみて下さい。