JUGEMテーマ:競馬

 購入時の組み合わせ方は個人差がありますし、好みの問題でもありますので簡単には行きませんが、私は今でも「馬連」での購入もしており、これについては「道大」(道産子)さんと「中本」さんの3人で一緒に購入しています。

「枠連」での購入は流石に少なくはなりましたが、「馬連」は今でも「Pランク会員」のみなさんで購入している方が多いです。
ただ、私の場合も「3連単」では購入に苦労しており、50点以上の購入時はみんなで協力して購入していますし、一人で「3連複」も「3連単」も「馬単」も「馬連」もとなるとちょっと無理ですし、東西がありますのでさらに難しくなってしまいます。

これを解決するためには私達のように仲間が必要なのですが、意外と「勝ち逃げ」仲間を探すのは容易ではないのです。
でも、「3連複」と「馬単」なら一人でも購入が可能です。

この場合も東西で購入しておけば片方がマイナスになっても、もう片方がマイナス分を補ってくれますので、理屈として同じ買い方を東西で購入することが大切です。
それに成績の安定しているところを選ぶということも大切なのですが、「馬単」はハイリターンではないので「ココモ式」が安定感はありますし、「3連複」や「3連単」は購入資金に対する効率は多少のマイナス日があっても「中本式」が勝っています。

自分で責任を持って選ぶ必要がある訳ですが、仲間がいるなら「3連単」の醍醐味は格別なものがあります。
普段の仕事もビシッと決めて、競馬もビシッと決めてなんて夢のように思っていましたが、頑張ってやると結構できるもので、自分でも不思議に思っています。
確かに大変ですが苦労した甲斐はあると思います。

今週はさらに後半についての状況を進めていきたいと考えていますが、流石に12月で忙しいので、ゆっくりと進めていきたいと思います。