JUGEMテーマ:競馬

 皆さんの質問の中によくある事なのですが、購入資金は「どれくらいあればいいですか?」と聴かれる事が多いのです。

しかしながら、実際には3,000万でも4,000万でも金額が多ければ良いと思われがちなのですが、決してそうではなくやりようなので、今回はその辺を詳しく説明しておきます。

 

資金が30万だけなら、60万だけならと考えてみたら、その購入資金に合わせた「勝ち逃げ購入」ができるように考えれば良い訳で、最初から12鞍制に拘ることなく、6鞍制や8鞍制で勝負を考えれば良いのです。

 

*購入金額表(6・8鞍制)

レース 購入額半分 累計 購入額フル 累計
1鞍目 5000 5000 10000 10000
2鞍目 10000 15000 20000 30000
3鞍目 20000 35000 40000 70000
4鞍目 40000 75000 80000 150000
5鞍目 75000 150000 150000 300000
6鞍目 150000 300000 300000 600000
7鞍目 300000 600000 600000 1200000

 

8鞍目

 

600,000

1,200,000 1,200,000

 

2,400,000

 

 

*購入金額表(12鞍制)

レース 購入金額 累計金額 購入金額 累計金額
1鞍目 1,000 1,000 10,000 10,000
2鞍目 10,00 2,000 10,000 20,000
3鞍目 2,000 4,000 20,000 40,000
4鞍目 3,000 7,000 30,000 70,000
5鞍目 5,000 12,000 50,000 120,000
6鞍目 8,000 20,000 80,000 200,000
7鞍目 13,000 33,000 130,000 330,000
8鞍目 21,000 54,000 210,000 540,000
9鞍目 34,000 88,000 340,000 880,000
10鞍目 55,000 143,000 550,000 1,430,000
11鞍目 89,000 232,000 890,000 2,320,000
12鞍目 144,000 376,000 1,440,000 3,760,000

 

6鞍制(中本式)なら5000スタートなら30万で足りますし、1000スタートなら37.6万で12鞍制(ココモ式)の「勝ち逃げ」に切り替えが可能なのです。

それだけではありませんで、「ココモ式」の詳細は「1.5倍法の勝ち逃げ」、「中本式」は「2倍法の勝ち逃げ」なのですが、購入資金が少ない時の創設メンバー(現在のOB会)は今日は馬場が悪いので「ココモ式」で、今日は後半戦が難しいので前半戦で勝負を終わらせるなど、柔軟に対応しながら購入資金を増やしていったのです。

 

OB会は「龍」さんが50歳で一番若いのですが、最高齢は70歳で平均は60歳です。

悲しい事にみんなお金に縁が無く、競馬にも見放されていたのですから、お金を貯めるまで物凄く苦労したようです。

もちろん競馬で負けているからこそで、生活も厳しかった訳ですが、コツコツと「勝ち逃げ」のコツを捉えてやっとの思いで資金を貯め、柔軟な対応で時間を掛けてゆっくりと購入資金を増やしていったのです。

 

それでも平日は仕事をしながら、毎日3時間から4時間づつ勉強をして、土日は朝からしっかりと競馬をという生活で、結婚が遅れたり家族とも疎遠になったりで、何年も頑張ってきたのです。

好きな事だからこそと思いますが、普通ではありません。

 

大切なのはマイナス日を減らす事、儲けられる日は最短で大きく、難しい日はじっくりと最終レースまで負けない工夫をしてきています。

正確に言うとOB会のメンバーはグループ購入以外に、6鞍制、8鞍制、12鞍制を上手に組み合わせて、ローリスクでハイリターンを狙った買い方をしているのですが、独自のデーターを駆使しています。

次回は、この事についてお話したいと思います。